農業のフランス

日:

2020-08-17 07:30:11

眺望:

261

格付け:

1のように 0嫌い

シェア:

フランスは欧州の農業の出力に出力します。 そのため、輸出国に次ぐ世界中の後の米国:すべてのフランス農業輸出の約20%ます。 の土地の所有を主に大企業も雇用労働および先端農業技術です。 これらの事業に商業出力に出力します。

海岸財産の国で第三世界の米国とイギリスの海洋のオーナー で女性の海洋資源開発し、欧州連合(Eu)、フランスを占める第三の場所、その後デンマーク、スペインの釣りと海の幸。 半数以上の国の領土の土地の農業に適した. 第三部の領土に覆われた森林を構成する25%の地域のすべての森林は、欧州連合(eu)域内における

この農業のフランスの中でも異彩を放つ存在でも開発の畜産農業の多く伸びました。 の家畜subsector金の半分以上は農産品である。 この販路開拓-海外展開に向けて3/5費の商品は心の北側です。 フランスは引き続き欧州による牛の頭数が最大のEUの生産者の肉や乳製品を日本に大きな影響農業西ヨーロッパに在住しています。

主要作物のフランス–小麦. 彼女の任務は、国が占めている世界は、アメリカ、インド、カナダにすることができます。 の重要性をもってトウモロコシ、大麦. 北-西部の国を除く蒔く蕎麦、オーツ麦、貧困層の土壌中央区–ライのデルタのローヌ川に培ってきた。 ほぼ全領域内のフランスの高いもの、砂糖と辿り着いた、究極のステーキが植えられているseveromorskoy低地となります。 部bas-Rhin成長煙草、ホップのリビエラ–花の部のセーヌマ培ってきた亜麻.

以上

フランスにより広く知られていますが、そのブドウ畑の収穫は10~12万トンのブドウで造られます。 1.2万ヘクタール(2.2%の面積に植えられ550ブドウで造られます。 この農業のフランスの生産を毎年60万hectolitersのワインは、フランスは、世界最大級のでカテゴリーに入るホテルです。 ブドウ栽培されたものを除き、北西部で主に生産しています。

しかし、農業は農業生産しています。 フランス産の野菜や果物が使われています。 多くの酪農場によっては、自分の小さい庭園や果樹園が供給の主要な都市パリのの、果実や野菜な地区で、それぞれspecializiruetsyaその主要作物です。 ノルマンディー、ブルターニュの成長はリンゴの果樹園では、アルザスとロレーヌチェリーやmirabellesの河口–ォー. 地中海地域で栽培された桃やアプリコット、オリーブ、アーモンド、コルシカ島のリビエラには増すばかり植えの柑橘類である。

フランス農業、酪農及び肉。 フランスは、世界最大の肉や乳を生産–することができます。 農業フランスは世界初の場所のための数は牛や豚の人口が手がけたドイツの羊を少しだけ背後にイギリス、イタリア製です。 牛地域の土地は便利では農業が好条件の成長草. この東北地方の中山間地域における およびこれらの培ってきたトウモロコシ、ジャガイモ、砂糖と辿り着いた、究極のステーキもを養豚が存在していることから良い飼料です。

コメント (0)

この記事にはコメントすることですが、最初の!

追加コメント

関連ニュース

何のパスワードを入力

何のパスワードを入力

することで損益分岐点はしばしばmisconceivedポイントとして、日本経済も持ち直してこれら二つの概念はかなり異なっている。 場合には回収で表ヶ月と、その企業が返されますので、主催者は、プロジェクトの損益分岐点は何か全く異なります。 すべての組織において豊富な製品を実現することを受けない利益が費用も行います。この時点で、各ユニット販売の製品が既に始まる。 この図というものである。 式の分岐点では単純であった。 計算することができる生産面では、金融等価で...

資金調達源事業

資金調達源事業

動の一つとを確保する起業家です。 が実施するプロジェクト開発か否かにかかってたの。資金調達源を分けて二つの大きなグループ:国内およびます。 の下での理解は資金の流れから得られる企業家活動、すなわち、自己資本の会社です。 の構成はこれらの材料を含む。認定(に形成される経費の自己資金の創立者の企業組織);タ(後に再評価差額固定資産);準備金資本によって作成された結果、継続的な貢献からの利益は、企業の想定外の事象が発生することになりました。による収入物品の販売ま...

の係数の弾力性

の係数の弾力性

 需給の変化に対応した市況は高いといえます。 現在、ほとんどの経済することはありませんこのコンセプトの理論の分析の需要と供給の景気サイクルの経済に期待MEOいます。以上の感度のことなどにより、市場の状況を特徴づけの特別係数の弾性需要が認められます。 の意味にこの指標はどの程度の量を変化量の需要は、市場要因の変化による1%.[rek1]によって選択した単位系への対応能力の経済変数の変化のその他の目的である。 そのため、統一の選択手法を用いて、金利を...