"Ambrosan"の利用にあたっての注意事項やレビュー

日:

2018-07-18 10:40:47

眺望:

242

格付け:

1のように 0嫌い

シェア:

風邪を常に意表をつかれました。 れば、従来の新株予約権は扱いが難しく、そして気管支炎の回復も遅れています。 し、粘性の気管支では、難しい着脱可能痰ます。 大医学部との促進とその通電、医薬品“Ambrosen”ます。 利用にあたっての注意事項この薬の属性抗炎症薬です。 いものを見るの薬剤です。

ambrosan利用上のご注意

Description医

薬“Ambrosen"利用にあたっての注意事項はど剤鎮咳去たん剤mucolytic剤です。 で所定の存在を身体にたんので、悪しからの気管支ます。

この薬の重要な影響:

  • の分泌を促進す呼吸器粘膜;
  • 整expectoration;
  • 削減の程度カフ;
  • 削減気管支hyperreactivity;
  • サ抗酸化効果
  • 削減の痛み、鼻腔、気管-耳にします。

薬であるか取れないとprotivokashlevami医薬品に支障を及ぼす出力の気管支分泌します。

ことが重要で使用する前にこの薬のしくは医師にご相談ください。 これは特に、患者さんと診断され肝臓や腎障害ます。 そんな方に割り当ての薬を高注意で悪化の疾ます。

ambrosan指導

リリースの種類

製品製造の形成:

  • タブレット端末(平丸ピル白色);
  • 滴(少し黄色透明液体);
  • シロップ(砂糖水溶液)です。

活性物質を提供剤鎮咳去たん剤は、mucolytic効果などの薬“Ambrosen”を指導するAmbroxol塩酸塩です。

以上

尿路感染症:乳酸菌の糞中

尿路感染症:乳酸菌の糞中

の細菌enterococcus faecalis(乳酸菌faecal)従来起因菌のクラスD、そのため、現在はと呼ばれるfaecalレンサ球菌. この生物の代表であり、通常の腸内細菌の所属に属腸球菌. これらの細菌も煌の腸ヤギ、羊、馬、犬、豚. 人間の体の中のレイジ乳酸菌の糞中の生命、主に小腸における男と、尿道にはいかない。 微生物の排泄物の90%の人々に貢献する植民地化抵抗の粘膜.あこれらの細菌の非病原性)を使用し、生産の乳製品、特にチーズ. この腸球菌に貢献する酵乳、加水分解乳糖、苦しむ病原性...

"山のカルシウムD3"

薬局で、今回のホストを含む製品のカルシウム入り。 することができるの蓄積と骨量は、増加骨強度が30年後、ロンへの移動の向きが逆となります。 場合がカルシウムと、人間の体での骨量を可能な開発につなが150以上の疾病に対するそのため、お客様が所有する重要な補完するのをご利用いただくには、消費カルシウム入り。 ある研究に多くの人が慢性的に不足している者のビタミンDは、カルシウム、骨粗しょう症 知のコンテンツのこの要素にたいです。[rek1]なカルシウムが疲労損失の筋肉の強度、脆性爪の分割、不健康な髪を...

薬

薬"Protosun". レビューの医師の消費者です。

薬“Prechosen”を医師に記載してい合わせが、薬物治療に用いられますの亀裂の肛門、痔. この薬は抗炎症作用,antipruriticおよび鎮痛行動を減らす傾向にある出血を加速再生の粘膜。 また、薬“Prechosen”を専門家の急速な発展のその治療ます。 急速な効果が得られますの組み合わせにより医薬成分を増加の薬理作用です。 検討の基本的な物質、製品中に含まれる‘Prechosen”.式:I–非ステロイド性...

の表示

医学所定のための感染症や炎症性疾患のbronchopulmonaryシステムの悪い痰を出します。

に薬を使用します:

  • 急性気管支炎;
  • Tracheitis;
  • 喘息;
  • 慢性気管支炎、位相の悪化;
  • Mukoviszidose;
  • Bronchopneumonia;
  • 慢性閉塞性肺疾患;
  • Bronchiectasis病
  • 細菌性肺炎;
  • 急性laryngitisは、頭炎です。

ambrosan pill

また、薬“Ambrosen”を指導マニュアルにおいて使用薬剤の防止手術後です。 このツールを完全に排除低迷プロセスのbronchopulmonaryシステムです。

剤の錠“Ambrosen”

これをツールなのでしょうか? 原則として、あなたの用法-用量は(医や治療方針の決定により、医師の診断を受けること。

この患者を受け、以下の勧告に薬“Ambrosen”

  1. ピルは消費されます。 必ずどこにでも見られる水です。 液体を高めmucolytic性の薬剤です。
  2. 大人から子供までの12年間の使用を推奨の2-3日、一日三30mg(1タブレット)です。
  3. への治療効果が定める2ピーします。 この場合、日中使用の薬剤。
  4. 後2-3日に維持用量します。 おすすめの2回の日1タブレットです。
  5. 6~12歳は、小児科医を選任0.5薬(15mg)2~3回ます。
  6. キッズの下での6年間の剤形の薬剤を選任していないます。

剤滴

この製品が含まれない。 そのために適用できる患者が糖尿病と診断されます。

ambrosanシロップ

みなどが原因となる、薬剤“Ambrosen"(下)方法:

  1. 乳幼児は2年とする。 医師のではな市内中心部に位置する2日35滴(7.5mg)します。
  2. キッズ2~6才ます。 量は35に絞り込めます。 では、日中には三つの使用を投薬します。
  3. 6~12歳歳ます。 この年齢は70滴(15眼したりしないでください。 日中も2~3時間です。 によって病態との児童します。
  4. ティーンから12歳から大人ます。 割り当てを消費するもの140滴(30mg)3倍ます。

シロップ

この薬は喜んで子供が使用するもの。 しかし、あるいは“Ambrosen"(シロップ)になります。 この形式の使用に適した大人の患者さんです。

とメリットを考えてみましょうと、その用量で薬が残った場合、保管しない

  1. 赤ちゃんの下での2年間です。 子どもたちのおすすめの2回の日に、シロップ:2.5mlます。
  2. キッズ2-5。 の小児科医が定める2.5mlいました。
  3. 子ども5-12。 の量が増えた5mlです。 おすすめでに2-3倍しています。
  4. 子ども12人ます。 この年齢患者におすすめ3回日飲み10mlのシロップします。

ambrosanレビ

禁忌の薬剤

薬“Ambrosen"利用にあたっての注意事項は次の制限:

  • 個人感度;
  • 妊娠(1学期);
  • 泌乳期間
  • 消化性潰瘍疾患の急性期ます。

ほとんどの場合、薬は忍容性が認められている。 しかし、場合による発現の否定的反応します。

薬“Ambrosen”マニュアルを警告します.以下の副

  1. 消化管します。 患者に出会えるかもしれない消化不良、胸焼け、嘔吐-吐き気、下痢、食欲が増進されます。
  2. 免疫システムです。 の薬剤で誘発の発生鼻炎、発疹、アナフィラキの反応は、用法-用量は(医療担当者記入) ではアレルギーです。

についてはほとんどの患者は下記のような症状のある方

  • Dysuria
  • のみ
  • 疹、
  • 口腔乾燥
  • 頭痛
  • 鼻水が出ます。

などの症状のあるのを止めの薬“Ambrosen”をご相談のご家族の医師ます。

曲滴指示

注意事項

また、上記のほか、勧告の声明の薬剤はあります:

  1. 投薬することはできません空腹ます。 この薬を使用します。
  2. タブレットに吸収され、全体と水します。
  3. 薬であるかなどが必要になることがアルコール飲料です。
  4. 薬に対しては何の影響もありませんの制御機能の解明と輸送します。
  5. 物質"Ambroxol"が胎盤の中で浸透します。 そのために割り当てることは妊娠中の女性ができる機能を設定できます。 しかしながら、この研究の成果と実験動物の薬物のない負の胎児影響します。 これは第1学期は、上記記載の薬剤ではない。
  6. 活性物質にも浸透し、牛乳です。 そのため、泌乳期の薬剤の使用は禁止します。
  7. みなされるべきもの組み合わせ薬剤の薬物“Ambrosen”ます。 薬物の増加の影響本体に抗菌などの“センター”,“Amoxicillin”,“財""Northern","Cefuroxime"ます。 の濃度はこれらの薬剤の血液が増加します。 この治療計画の定める専門家です。

関する意見、治療にあたって

私に薬“Ambrosen”患者の治療に用いられるこの薬のか? すべきとの意見の薬をほぼ正します。

ambrosan方法を採用し

両親を請求するシロップを迅速かつ効果的に除不快な症状がでる。 また、楽しい味わいです。 子供たちはこのツールとの喜びです。

妊娠中の女性医師のおすすめの薬剤の薬剤はほぼ2日間を咳とを容易にします。

人気の薬です。 彼らは完全に保存してもら苦しい咳ることをありのままに目を覚ます。 しかし、この薬を規定している。 患者の主張の薬食後で推奨しているのではな影響を与えることはありませんの副作用に影響を及ぼ消化管します。

これにより、薬物“Ambrosen”をするのは優れたmucolytic剤鎮咳去たん剤とします。


Article in other languages:

AR: https://tostpost.com/ar/health/2233-ambrosan.html

BE: https://tostpost.com/be/zdaro-e/3926-ambrosan-nstrukcyya-pa-zhyvann-vodguk.html

DE: https://tostpost.com/de/gesundheit/3924-ambrosan-anwendungshinweise-und-bewertungen.html

En: https://tostpost.com/health/10503-ambrosan-instructions-for-use-and-reviews.html

ES: https://tostpost.com/es/la-salud/3929-ambrosan-instrucciones-de-uso-y-los-clientes.html

HI: https://tostpost.com/hi/health/2235-ambrosan.html

KK: https://tostpost.com/kk/densauly/3927-ambrosan-oldanu-zh-n-ndeg-n-s-auly-zh-ne-p-k-rler.html

PL: https://tostpost.com/pl/zdrowie/3929-ambrosan-instrukcje-u-ytkowania-i-opinie.html

PT: https://tostpost.com/pt/sa-de/3925-ambrosan-instru-es-de-utiliza-o-e-coment-rios.html

TR: https://tostpost.com/tr/sa-l-k/3932-ambrosan-kullan-m-talimatlar-ve-yorumlar.html

UK: https://tostpost.com/uk/zdorov-ya/3929-ambrosan-nstrukc-ya-po-zastosuvannyu-v-dguki.html

ZH: https://tostpost.com/zh/health/2418-ambrosan.html






Alin Trodden - 記事の著者、編集者
"こんにちはっAlin踏. 私はテキストを書いたり、本を読んだり、印象を探したりしています。 そして、私はそれについてあなたに伝えることで悪くないです。 私はいつも面白いプロジェクトに参加することができて幸せです."

コメント (0)

この記事にはコメントすることですが、最初の!

追加コメント

関連ニュース

多焦点レンズを何ですか? 処方の多焦点レンズ、レビューについて

多焦点レンズを何ですか? 処方の多焦点レンズ、レビューについて

が数種類の接触の光学材料です。 当日は、トーリック多様体は、伝統的ます。 多くの光学対する明確なっています。 遠近両用レンズは何ですか? 何を、誰にも必要ですか? 機能と区別されるようになります。 これらすべての質問を必要との回答が最初に必要なものを理解する病態とこれらのレンズ補正します。老視にあたって人体の加齢性変化します。 一部の閉館のfontanelles、乳歯と永久)は進行します。 その他の減少度の代謝反応の兆候が回帰します。 このような工程を含む...

の薬

の薬"Barol20"の利用にあたっての注意事項-内容構成やレビュー

現代人々が様々な疾患、消化管です。 これは拡大している背景には、貧栄養のものの品質を摂食、慣生活環境が悪いに、すべての種類の医薬品です。胃潰瘍や胃炎、今日とは驚くに値しません。 また、これらの疾患が生じないようにすることがでのみ大人や高齢者も若い子供たち。 その多くの製薬会社の医薬への貢献の粘膜における正常消化管全体としています。[rek1]もしばしば治療の患者における所定の薬“Barol”ます。 マニュアル構成の使用薬であるかを記...

共通の温度測定-アルゴリズムの行為

共通の温度測定-アルゴリズムの行為

現在の多くの異なる疾患で、多くの身体の対応により増加したものです。 これは重要な指標だが、客観的に評価するべき温度計です。 のためのアルゴリズムはこの処理をすることが望ましい知のみならず医療スタッフます。 第条は、すべてのニュアンスの測定温度ます。温度測定この手続の特殊装置-温度計です。 での複数の種類水銀います。デジタルます。スナップショットです。これまでの測定に使用温度の水銀体温計、がんにデジタルます。 て安全で、それこそが真のグローバルを含まない水銀...

糖尿病の子ども原因、診断、症状と治療

糖尿病の子ども原因、診断、症状と治療

糖尿病と病理学内分泌システム関連する違反の分泌機能の膵臓です。 このインスリンの生産です。 これはかなり厳しい疾患に対応するコストを下げても、過処理します。糖尿病の子どもので1、2を選択し、適切な処理です。 両親もとても重要で、どの要因に影響を及ぼし、進行病、どのようなマニフェストと診断します。病気糖尿病の子どもの次ぐ全ての慢性疾患です。 その理由は彼に隠れているに違反炭水化物代謝します。 理解することのできるトリガーの形成は、糖尿病、必要なものを扱いると...

Bubonicペスト:症状の病気やその治療

Bubonicペスト:症状の病気やその治療

世界の多くの悲惨な疾患です。 古いものが消えたが、その場所に来てブランドです。 非常に危険と不快な症のbubonicペストです。 彼女が多くの合併症の傷跡は、滞在のために生ます。感染のbubonicペスト病bubonicペスト)は、感染症のタイプは通常、急性ます。 細菌と呼ばれYersinia pestisの原因となる感染症です。 Bubonicペストスプレッドも、そのためしばしば実際の流行がこの病気になります。[rek1]に苦しむ野生げっ歯類のものと共通...

患猫–戦闘の手法-ツール

患猫–戦闘の手法-ツール

な患猫できる場合が彼女の散策路です。 猫あく少数の患であっても目に飛び込んの入口では、彼らはできるだけご自分の服を着てこの近くに動物は、患します。メインが存在していることを示して患猫が頻繁に傷をつけ、舐めてるのに一部の地域です。実施するためには、成功に対する闘いこれらの寄生虫を知る必要があるライフサイクルにします。 大人の患猫のみの額では約5%で、残りの卵-50%の人形-10%幼虫-35%居住環境です。 そのため、殺菌は動物の持ち込まないで望みの結果が必要...