浸食の角膜:症状の原因や治療

日:

2018-06-21 06:10:25

眺望:

133

格付け:

1のように 0嫌い

シェア:

人は少なくとも一生に一度の出会いなどの問題として海外のオブジェクトです。 ばい塵、砂または斑点は、多くの状況で終了まで好調に推移し増加しました。 単に洗眼し、不快感は消え去ります。 しかし、時には、外国人体被害を目の組織を開発浸食角膜のです。 この病気の場合はこの限りではありま浮腫とも網膜剥離します。 他に何がしかけることによって開始される浸食の角膜か? 治療にはどのようなものがあり用です。

少し解剖

角膜の5層ます。 の保護機能外側の層(上皮細胞)です。 その後の薄膜です。 大部分の角膜は実質、keratocytes現在では、透明性を確保するための外層です。 間外および最終層内皮にあdescemetoceleシースや高密度の膜です。 の内皮の責任は制御部への流入と流出の栄養素と流体との間の角膜のカラーバリエーショります。角膜浸食

そのものですか?

砂の角膜–害の外層には角膜や傷をつけます。 な混乱の概念"の浸食”と“ペスト”ます。 最初の場合、損傷を受けた部分についてのみの完全性上皮との適時-適正処理不快な感覚パスを迅速にとりました。 潰瘍の破壊における底層の影響を受けサイトは、scarます。

以上

尿路感染症:乳酸菌の糞中

尿路感染症:乳酸菌の糞中

の細菌enterococcus faecalis(乳酸菌faecal)従来起因菌のクラスD、そのため、現在はと呼ばれるfaecalレンサ球菌. この生物の代表であり、通常の腸内細菌の所属に属腸球菌. これらの細菌も煌の腸ヤギ、羊、馬、犬、豚. 人間の体の中のレイジ乳酸菌の糞中の生命、主に小腸における男と、尿道にはいかない。 微生物の排泄物の90%の人々に貢献する植民地化抵抗の粘膜.あこれらの細菌の非病原性)を使用し、生産の乳製品、特にチーズ. この腸球菌に貢献する酵乳、加水分解乳糖、苦しむ病原性...

"山のカルシウムD3"

薬局で、今回のホストを含む製品のカルシウム入り。 することができるの蓄積と骨量は、増加骨強度が30年後、ロンへの移動の向きが逆となります。 場合がカルシウムと、人間の体での骨量を可能な開発につなが150以上の疾病に対するそのため、お客様が所有する重要な補完するのをご利用いただくには、消費カルシウム入り。 ある研究に多くの人が慢性的に不足している者のビタミンDは、カルシウム、骨粗しょう症 知のコンテンツのこの要素にたいです。[rek1]なカルシウムが疲労損失の筋肉の強度、脆性爪の分割、不健康な髪を...

薬

薬"Protosun". レビューの医師の消費者です。

薬“Prechosen”を医師に記載してい合わせが、薬物治療に用いられますの亀裂の肛門、痔. この薬は抗炎症作用,antipruriticおよび鎮痛行動を減らす傾向にある出血を加速再生の粘膜。 また、薬“Prechosen”を専門家の急速な発展のその治療ます。 急速な効果が得られますの組み合わせにより医薬成分を増加の薬理作用です。 検討の基本的な物質、製品中に含まれる‘Prechosen”.式:I–非ステロイド性...

分の病気

砂の角膜に類す。

  • サイズ:small–点microrate、大型–macroasiaます。
  • バの角膜限定の、拡散します。
  • 所在地:上下します。
  • 外観:外傷性角膜浸食の進行-再発です。
  • 疾患の一頑固再発です。外傷性侵食の角膜

原因

外観のキズやカットの角質層は、上記のような粉塵、汚れが落ちにくくなり、木材チップし、砂や金属粒子です。 損傷の角膜中のスポーツの修理などのメリットの一つです。 傷の皮膚角層と爪では、紙または有機物ではなく、無害化しているかが一目でわかります。 第一に、より長いunhealed巻きます。 だ救い劣化を伴う不快な合併症です。

もう一つの原因と浸食の角膜–目のお薬です。 の多い疾患との出会いない人の勧告の眼科医約コンタクトレンズを使用します。

症状

どのような原因の角膜浸食され、主な症状できません。 のほか、苦しい感覚の眼の病気を伴うなどの症状があります:

  • 赤と膨潤;
  • の増加涙;
  • 減少し視力;
  • 曇りの角膜します。侵食の角膜

上記のいずれかの症状は、ご相談の資格を持つ医師の治療とビジョン補正します。

診断

角膜侵食が認められた眼科試験、スリットランプです。 を検出す軽微な損傷部の皮膚角層のテンソリューションの蛍光ます。 また、医師が検査の内側にまぶたを排除に存在する外国人体に注目し実際、どのように成長するのかというまつげます。角膜浸食処

First aid

その眼の感動の原因となる不快感や痛みが必要で医師の診断-治療を受ける。 これが不可能な場合には、状態にできます。 これに必要なものを洗眼及び液滴rewettingに絞り込めます。

車両の場合の角膜浸食が含ます:

  • の生理食塩水です。 使用目の洗い上がりです。 を行う場合はこれらの手続きを忘れずに約一般的衛生管理を行っております。
  • 冷間圧縮します。 心の痛みや癒し、外層には角膜します。
  • 眼科医療の準備keratoprosthesis、潤滑、癒しの効果(“Oftagel”“Optive”または“Oftolik”)です。 消毒や潤いをもた、眼の表面にします。

角膜浸処理にあたって

医薬品を修理の上皮属または合意を専門とする。 審査の後、眼科医等眼のを選定し、医薬品、最も効果的にご注目する必要があると主張した。

眼割り当てることができます:

  • “Systane”ます。 この溶液に浸透し、結膜嚢の影響を受け目1-2滴いました。 中の操作に触れないように注意してください先端部にピペット、そうでないすることができる汚染のソリューションとなります。 特有の禁忌に使用される。 に使用できる連絡先ズームレンズです。侵食の角膜治療
  • “軸”ます。 の溶液に浸透1-2下にあります。 きませんの同時使用のその他の眼科医療に絞り込めます。 商品の保存期間終了の2ヶ月後になります。

用軟膏剤、ゲルを使用することができます:

  • “Vidisic”ます。 一滴のゲルを投与し、結膜嚢の影響を受け目2-3倍です。 妊娠、薬剤を用いて細心の注意を払っています。 に処理しているコンタクトレンズを使用します。
  • ‘Oftagel”ます。 薬物の使用の結膜一滴2-4回日によっては、塩野義製薬と共同開発を行います。 妊娠処理‘Optagelse”限り認められるべきであるとの許諾のものです。 中の操作に必要なミストを吸入れてあることができ従わなければなりません30分までとなります。

抗菌用軟膏剤眼科医が定める“Floksal”ます。 この薬を防菌感染症に角膜浸食またはトラウマになっています。 の軟膏は、下眼瞼時間の中での日です。 治療の–につきましては、以下の点です。

進行-再発の角膜浸食に追加の資源が必要となる環境です。 良い再生における上皮割り当てることができる特殊な治療のレンズです。 場合の改善は認められないが、手術が必要になりエキシマレーザービジョン補正します。進行-再発の角膜浸食

砂の角膜治療の民間療法

防止強化の目の健康、多数決を利用“ゃの方法”ます。 したがって、例えば、煎じたのは、ハーブeyebright使用している化粧水。 その準備が必要となりま一杯の植物性原材料のガラスの煮付け。 草流動沸騰水で冷却し、ろ過します。

煎じのカモミール、炊き水浴場として使用される大浴場です。 一杯の切り花を注ぐガラスの沸騰水を濾過した後に使用できます。

紅茶を使用している化粧水。 手続きに使用でき、残りのティーバッグです。 このニーズを捉えることのできなかった応用のための15-20分を閉じた瞼ます。

もう一つの人気の治療の病–ぼか外側の世紀の海buckthorn、麻や麻油です。 の手続きを行うにあります。

処理の浸食していることがわかりますの監督の下で経験豊富な眼科医です。 セルフメディケーションで角膜炎、角膜は透明性には、ぶどう膜炎診療または失明します。 常にはっきり言ってください“責任において健康”ります。

コメント (0)

この記事にはコメントすることですが、最初の!

追加コメント

関連ニュース

発疹、掌や足底には、子供:その原因と治療

発疹、掌や足底には、子供:その原因と治療

発疹ザパームスオーシャンフロント足の子どもが対象深刻な病態において特別総合的に処理します。 この問題が生じる可能性がありつ複雑な病気の子どもが必要で緊急支援します。疹すべての親が心配の場合は赤ちゃんの乱れます。 特別な感動を起こし発疹ザパームスオーシャンフロント足の子どもにどのように診断では正常に難しい。 ある特定の要素とトリガの外観疹、皮膚を認識する有資格の専門家です。[rek1]小児科医を注意深く点検したうえでの主な要因疹ます。 すことが大事だと申し上...

Inguinal運河とその解剖学的特徴

Inguinal運河とその解剖学的特徴

Inguinal運河はスリットに位置す下腹壁上のinguinal靭帯です。 男性が含まれますが、spermaticコードや女性の根膜を通じて以下の成果を得た。 方向のチャンネルを必ず斜めます。 上記の公骨、すなわち、本部の支店では、表面的なリングの脚の付け根ます。 弱–深inguinalリングがあります。 その間にinguinal運河が斜め横します。 Inguinal運河には、解剖のは非常に複雑であり、以下の壁の前のaponeuros...

脳angiodystoniaの臨床像が安らぐ予想

脳angiodystoniaの臨床像が安らぐ予想

診断“脳angiodystonia”に直接違反の調的には血ます。 の場合の判断がこの病気では明確であるべきであることはないとして分類され、進展を背景には、既存の体病理学です。 ちな女性らしさを演出してくれるも破壊機能の内分泌系、神経や血管、結果として、進行性片頭痛、高血圧またはその他の異常を特徴とする、激しい頭痛ます。 非常に多く、脳angiodystoniaを伴うような副作用現象としてアレルギー消化器病理学です。 などの臨床写真が...