全身麻酔-何ですか? の種類の麻酔ます。 医薬品のための麻酔

日:

2018-08-29 20:00:26

眺望:

253

格付け:

1のように 0嫌い

シェア:

全身麻酔の愛称と"全身麻酔"を行う非常に重要な健康機能–痛みは外科手術です。 への麻酔の患者が痛みを伴わない手術、破綻生します。

全身麻酔ます。 何と言っても、何の目的で使用

全身麻酔ます。 この

その中核とても深睡眠をあらわしますが、人工的に呼び出された特殊な薬剤です。 その性質のこの夢は生ます。

各種麻酔全身麻酔で最も難しいです。 他の種類の麻酔全身麻酔には大きな差で使用された場合はobezbolivatmi体がオフし、患者の意識です。

利用時の全身麻酔を提供鎮痛は、健忘症と寛ぎます。 全身麻酔中の患者の寛ぎのすべての筋肉は身体また、感じさせない痛みを覚えます。

この場合、全て無効化感応度などの痛み、温度、その他多数います。

このタスクの全身麻酔を導入者にする状態では動かなくなり、感じる外科の医師や他の感情から操作します。

種類の麻酔

全身麻酔に分けて3種類の方法によって与anaesthetics(麻酔ます。 麻酔薬が患者に投与されることを吸入(フェイシャルマスク)を静脈内投与(カテーテル)の組合せによります。種類の麻酔

以上

尿路感染症:乳酸菌の糞中

尿路感染症:乳酸菌の糞中

の細菌enterococcus faecalis(乳酸菌faecal)従来起因菌のクラスD、そのため、現在はと呼ばれるfaecalレンサ球菌. この生物の代表であり、通常の腸内細菌の所属に属腸球菌. これらの細菌も煌の腸ヤギ、羊、馬、犬、豚. 人間の体の中のレイジ乳酸菌の糞中の生命、主に小腸における男と、尿道にはいかない。 微生物の排泄物の90%の人々に貢献する植民地化抵抗の粘膜.あこれらの細菌の非病原性)を使用し、生産の乳製品、特にチーズ. この腸球菌に貢献する酵乳、加水分解乳糖、苦しむ病原性...

"山のカルシウムD3"

薬局で、今回のホストを含む製品のカルシウム入り。 することができるの蓄積と骨量は、増加骨強度が30年後、ロンへの移動の向きが逆となります。 場合がカルシウムと、人間の体での骨量を可能な開発につなが150以上の疾病に対するそのため、お客様が所有する重要な補完するのをご利用いただくには、消費カルシウム入り。 ある研究に多くの人が慢性的に不足している者のビタミンDは、カルシウム、骨粗しょう症 知のコンテンツのこの要素にたいです。[rek1]なカルシウムが疲労損失の筋肉の強度、脆性爪の分割、不健康な髪を...

薬

薬"Protosun". レビューの医師の消費者です。

薬“Prechosen”を医師に記載してい合わせが、薬物治療に用いられますの亀裂の肛門、痔. この薬は抗炎症作用,antipruriticおよび鎮痛行動を減らす傾向にある出血を加速再生の粘膜。 また、薬“Prechosen”を専門家の急速な発展のその治療ます。 急速な効果が得られますの組み合わせにより医薬成分を増加の薬理作用です。 検討の基本的な物質、製品中に含まれる‘Prechosen”.式:I–非ステロイド性...

の場合は短い(30分)の運用、ありませんリスクの胃内容物の肺を更に向上させながら、患者の維持を通じて、追加のデバイスを提供する気道する必要はありませんです。 この場合、利用できるこれらの種類の麻酔としてのマスクは静脈内投与する。麻酔手術中の

の中の麻酔、患者は息苦し、または発生するおそれがあり、リスクの呼吸、麻酔科医に特殊な装置を提供する気道保護の肺から吸引します。 この全身麻酔名–挿管します。 こうした状況下では、消毒薬が患者に投与されることとして吸入投与、静脈内投与し、組み合わせます。

どのような全身麻酔

にかかわらず選択しうることが明らかとなった麻酔科医の同様の手順です。 彼または彼の助手punkteretの他末梢静脈は、例えば、前腕又は手を紹介した上で、特にカテーテル製のプラスチックなど“蝶”または“vasofix”)です。 博士はその後付けに特別なクリップ、モニターの患者の息づかいを感じさせます。 その後、麻酔科医の肩部の特殊なカフェを測定する血圧と強く胸に、特殊電極によるモニターに心拍数の患者です。 接続後に必要なすことができるのでは入力の全身麻酔ます。どのような全身麻酔薬

何ですか? なぜ、このような臓-呼吸監視すか? すなわちできるよう常時監視するとともに、定期的に呼吸-循環器システムを継続的に監視し、患者の状態にします。

後にフルモニタの性能の中心と一息、カテーテルには、アクセスのための医薬品局、薬剤の注射器では、麻酔科医の硬膜外体の特定の種類の麻酔します。

どのように多くの内に広く伝え、また日本の全身麻酔

だけではできないと言うように患者に移動することができま麻酔ます。 ように、そしてさかのぼって三日目に当たると時間の動作の種類や量の麻酔およびその他様々な指標です。

目覚めから全身麻酔時には数分かかり、時には数時間です。 基本的には、後の操作が完了したら、医師に目覚め、患者の営業室が、意識の患者様だけにします。

医薬品の一般麻酔

を選択薬のための麻酔による方法を摂取し、麻酔します。 ご利用の場合は吸入法により処理し、患者inhales蒸気やガスを通しての気管内チューブは特別なマスクを使用できる医薬品など、ジエチルエーテル、亜酸化窒素、イソフルレンは、enfluraneはhalothaneます。

非吸入可能な方法論の静脈内投与は、腸内、筋肉内または口頭です。 お子様用の麻酔を使う最後の3つの方法があります。

医薬品のための麻酔

非吸入麻酔薬が薬剤などの局所麻酔薬は、"Altein"は、"Propanidid"は、"Ketamine"は、"Viadril"は、ghb各種、バルビツル酸塩などのナトリウムthiopental"Hexenal"です。

どの薬剤を投与して、特定の患者を確認することができ、麻酔医者に迎える創薬、全身麻酔ます。 “うので、どのくらいの時間のリハビリのためには、効果と副作用の薬”–これらすべての質問は、お気軽にお問い合わせ、医師の負担ください。

副作用から一般麻酔

もちろん、全身麻酔ない不思議な現象ではないだろうから、言葉の背景として副作用があり、何らかの合併症です。 全身麻酔手術中portends適用後の症状など。どのように多くの内に広く伝え、また日本の全身麻酔薬

-頭痛やめまい;

吐き気や嘔吐;

-混乱の思想;

-混乱

-幻覚;

睡眠妨害します。

-筋肉痛;

しびれは、

熱;

-かゆみ;

-言語障害;

聴覚;

喉の痛みます。

聞き取りを実際に経験する症までの期間での人から出発し、麻酔な不快な影響が最終日です。

の影響から麻酔

後、麻酔が表示一部の合併症やアレルギー反応します。 からの循環システムが心不全です。 呼吸器システム-肺感染症や呼吸抑制します。 から神経システム–一部の地域での違反の感度です。

こが生じた場合は、ただちに不思議な症状を医師ます。 このことは避ける術後深刻な影響を回復が速くなります。

しばしば患者を怖がら一つだけの期間で全身麻酔"ます。 何か分かってくれると思いますから、麻酔というのは凄かけて食べるという習慣があり支援行動中の動作は、場合の適切な利用による弊害を麻酔とはで確認できず麻酔科医です。


Article in other languages:

AR: https://tostpost.com/ar/health/4931-general-anesthesia---what-is-it-the-types-of-anesthesia-drugs-for-anes.html

BE: https://tostpost.com/be/zdaro-e/8776-agul-ny-narkoz---shto-geta-takoe-v-dy-narkozu-preparaty-dlya-narkozu.html

DE: https://tostpost.com/de/gesundheit/8777-vollnarkose---was-ist-das-arten-der-narkose-medikamente-f-r-die-narkos.html

En: https://tostpost.com/health/6695-general-anesthesia---what-is-it-the-types-of-anesthesia-drugs-for-anes.html

ES: https://tostpost.com/es/la-salud/8783-la-anestesia-general---qu-es-tipos-de-anestesia-medicamentos-para-la-a.html

HI: https://tostpost.com/hi/health/4934-general-anesthesia---what-is-it-the-types-of-anesthesia-drugs-for-anes.html

KK: https://tostpost.com/kk/densauly/8780-zhalpy-narkoz-degen-m-z-ne-t-rler-narkoz-narkoz-a-arnal-an-preparattar.html

PL: https://tostpost.com/pl/zdrowie/8778-znieczulenie-og-lne---co-to-jest-rodzaje-znieczulenia-leki-do-znieczul.html

PT: https://tostpost.com/pt/sa-de/8774-total-de-anestesia---o-que-tipos-de-anestesia-medicamentos-para-a-anes.html

TR: https://tostpost.com/tr/sa-l-k/8784-genel-anestezi-nedir-t-r-anestezi-la-lar-narkoz-i-in.html

UK: https://tostpost.com/uk/zdorov-ya/8780-zagal-niy-narkoz---scho-ce-take-vidi-narkozu-preparati-dlya-narkozu.html






Alin Trodden - 記事の著者、編集者
"こんにちはっAlin踏. 私はテキストを書いたり、本を読んだり、印象を探したりしています。 そして、私はそれについてあなたに伝えることで悪くないです。 私はいつも面白いプロジェクトに参加することができて幸せです."

コメント (0)

この記事にはコメントすることですが、最初の!

追加コメント

関連ニュース

薬

薬"Nucleopeptide"の利用にあたっての注意事項は、禁忌、レビュー

技術向上の生物による合成ペプチドおよびヌクレオチドの恩恵は人類の様々な分野から1902ます。 使用されてい医薬品、化粧品、農学部、獣医学部があります。 の結果は、タスクのリハビリテーションや改善国内の動物、牛たの‘Nucleopeptide”ます。 使用を推奨し、その利用小動物のための農業集団です。の構造と物性の準備a‘Nucleopeptide”? 利用にあたっての注意事項を示したのに基づいて新規作成し抽出...

の薬

の薬"Metsoc"の利用にあたっての注意事項は、アナログ,レビュー

疾患、心臓や血管がわざわざたくさんの人です。 こうした疾患のうち、所定“Metsoc”ます。 取扱説明書ることを強く推奨する使用する前にこれらの薬医師にご相談となり、薬剤としても深刻な禁忌です。 の治療支援病が心筋梗塞、狭心症、心不全、頻拍、偏頭痛、同様の病気です。インストール構成販売による処方であり“Metsoc”ます。 取扱説明書について、詳しく解説いたしますの構成タブレットの薬剤の25mgを含む23,8...

Mycologistは医師が真菌症

Mycologistは医師が真菌症

Mycologistは医師扱う疾患の開発の影響下での様々な菌類の微生物です。 この専門は通常の診断と治療の最も重症な症例です。 多くの患者が彼だけではないが、方向の医師または皮膚科医になります。関の職にあたって多くのことを知らないの医学演劇博士-mycologistます。 者である彼は、お答えできる数に限ります。 でも学療法士なることが考慮されているのに助言を提供することができmycologistsます。 通常に厳しい場合には、これから患者への医師、皮膚科...

の経鼻胃プローブです。 供給を通じて経鼻胃管

の経鼻胃プローブです。 供給を通じて経鼻胃管

このプローブチューブは特別な装置設計のための経腸栄養のではないでしょうか。 必要がある場合たんで食べます。 この導入食品に必要な外傷や腫れの言語です。 また、食品では、これまでの時の咽頭、喉頭食道または胃のは、精神疾患の関係拒絶食します。導入食品を通じてプローブことができないような場合、その患者が無意識にします。 が禁忌この方法で入食品は胃潰瘍の悪化です。 での紹介のほか、食を通じて経鼻胃プローブできる薬剤です。 すべての操作はどうあるべき指導のもと、医師...

の薬

の薬"グルコサミン":その類似体で、利用にあたっての注意事項、レビュー

あらゆる問題との関節はどのように利用から多くの人です。 この病気はもちろんほとんどできないので、人に苦労します。 の患者がこの病気は常に痛みや違和感動の手足を軽減します。 の最善の方法や手段について同意を対象に、関節治療は、"グルコサミン"ます。 この薬は高すぎます。 効果から、ださるようお願い致します。実際には物質グルコサミン量は人体にいます。 これは自然を推進しての弾性軟骨があります。 また、グルコサミンは、人体immunomodulator...

"Evroklinika"Krasnaya Presnya,21:レビュー、リストのサービス

センター"Evroklinika"Krasnaya Presnya、21日として位置づけ、美容と健康サービスです。 お客様のご提供や美容トリートメントのための顔や体、およびその予防改善のためには、背骨、関節、静脈ます。解説エステサロン“Euroklinika”りKrasnaya Presnyaは、21ます。 しも、予約も、支払も、幅広い化粧品や治療の手続きによる国際品質基準です。 近代設備のセンターが短時間対応の問題などを挑、ダブル...