何が拡張現実感すか? 拡張現実感

日:

2018-07-01 02:00:30

眺望:

122

格付け:

1のように 0嫌い

シェア:

拡張現実感すか? 最初に思いつくの人が夢て活力をフルに浸漬し、それら映画やコンピュータゲームです。 しかし、そうではありません。

導入にあたって

拡張現実感技術を補完現実世界に新しい情報をデジタル技術です。

一つの定義-複合現実感に捉えた付加コンピュータの項目は現在の時間です。

研究者ドナルド東決1997年る拡張現実感システムとリアルとバーチャル、リアルタイムで働3Dします。

拡張現実感

では、バーチャルリアリティの一部でしかなか上手く簡単なアクセサリーます。

初の手順

把握するため、何か拡張現実感がないと理解しておく必要が起こっている一般のプロセスのコンピュータです。 人の言葉の虚像かりというのは、何ともいえずい説明は、リコールの事例から幼児期ます。

若したプリンタやコンピュータなのか? 現在人が想像できな生命のないデジタル技術、遠くには'90年代の子どもが書いた論文によります。 "という思いを大切にしていかがえました拡張現実感すか? 論文学校のいた風景A4シートします。 者であるスマートでもスムーズなって支配されたシートペン、定規、行します。 家族連れに、多くの場合紙-紙とを明記し、鮮やかに描黒線ます。 またアルバムのシートは、これらのラインが表示されますを通じて、人々を書きとして、定規です。 刷版を追加したアルバムのシートを行います。

以上

レノボv580c:詳細検討

レノボv580c:詳細検討

今日、私たちについて書こうと決めてソレノボv580c. のできない可能性があります詳細は、このノートパソコンIdeaPadシリーズは、高い人気があまり知られていないようにこの装置のポイントを挙げます。 このモデルは多くの陽性、または格安でお手元にお届けします。 ただし、比較結果から、装置のThinkPadきませんの会社レノボを決定することができることを特徴をも影響することになります。代替PCモデルはレノボv580cかなり適して交換する個人コンピュータをこの装置き、常にはない非常に便利です。 のケ...

通路には

通路には"近隣諸国から地獄"ゲーム、素晴らしいも

“近隣”-ゲームができると思います。 遊びとして木質,scoundrelとtricksterを愛す彼の手に強化待します。 ゲームである。 その主なアイディア–印の方とのユーモアます。 また十分な数%の格付けには各エピソードですが解き明かすことができますよ。 すべてのゲームのシーズン14ます。 その仕上がりまでを実際に完全に経過“近隣”.[rek1]のポイントなどのゲームは、そのシンプルさにあります。 のだ“得”を...

ベストゲームマウスの概要モデル及びレビについて

ベストゲームマウスの概要モデル及びレビについて

その中で最も重要なことは他のゲーマー? もちろん、良質のマウスがどのよう好立地の様子をよく見て、発見したことにどれほど容易に管理するために、時とします。 例えば、非常に人気があり、かの有名なゲームカウンター-グラフで表示しています。 勝利の鍵で–迅速な対応および適時に攻撃ができます。 悪いをマウスであるが滑り、表面の勝利できたら忘れられます。今日の見直し、最高のゲームマウスを異なる価格のセグメントには、なに重要です。予算マウスそれで始まる最善の予算のゲームマウスの価格帯から1000~...

拡張現実感メガネ

いつも誰かの記憶では、原稿の工学設計事務所です。 Ohpシートに対応したバージョンの図面をつけるため、のオリジナルです。

ロシア軍が使用ガラスのテーブルにデュアル表面に照明します。 両面上で使用されている全ての地区の地図り、トップクリアコーティングの描画のための軍事行動します。 このワープバーチャル-ユニバーシティの空間です。

Microsoftの革新にあたって

現代のソフトウェア開発ではない。 多くの声が現在の情報を様々な企業が開発した拡張現実です。 その例と呼ばれる技術Microsoft HoloLensます。 このガジェットでのポイントを拡張現実感します。 このデバイスは制御したジェスチャーや音声コマンドで制御のバーチャルなオブジェクトは、作成されると、実際には、できる見通しのレンズです。

拡張現実感ゲーム

プレゼンテーションでのこのガジェットを配した眺めの3D映像がまとめられる能力を三次元オブジェクト。 また、クリエイターことを確実にするたモデル作成されたそのデバイスはすぐに送3Dプリンタ-印刷が可能になりました。

この機構の運営これらのポイントを使用しないホログラムだけを表面にレンズを把握することができます。 実際、全体の仮想像が残るのみです。 これらの点なカメラ、センサーまたは接続をコンピューターになります。

ニGoogle

ものの明らかな進展の創出拡張現実感眼鏡株式会社エンパシは、Microsoft社からwindows、最初に自分で試作した専門家からのいわゆるGoogle X.google glassでは、2012年やったのを組み合わせた映像は、拡張現実感、モバイル通信とのインターネットです。

ガジェットのヘッドでは、小型ディスプレイ及びカメラです。 音声制御がキーワードだと思います。 このアイデアを実装を着ている人も是正処置のビジョンガラスの拡張現実感できるよう、変更に合わせたレンズを個別します。

拡張現実感

再生にあたって

奇しくも、拡張現実感ゲームが生ます。 もちろん、ポイントです。 興味深い事実、エンターテインメントは常に一歩先を行くの主要プロジェクトです。 残念なことも幸いなことに、いくものではありませんの形式マス巻込みます。 可能性であるが、そのなかで、必要な量の変革意識します。 もう人間だけの恐れの混乱現実と虚像です。 これはゲーム拡張現実感を用いた技術です。

  1. リストライクなゲーム、アプリです。 このカメラのスマートフォンなどがあります。 実際にカメラの重畳しているイメージモデルです。 相手なのです。 したがって、ユーザは安心できる"撮影"の面倒近隣のboorsの道を取り出したボスがあります。 かした良いアプリケーションのための排出の神経ます。
  2. のジャンルのコンピュータゲームは、いわゆるタワー。 の声に、怒ったモンスターしようと滅するためのタワーがあります。 の効果の拡張現実感ゲームAR擁護活動家2はお部屋にて、事務所または教室です。同じ前回の実施形態では、カメラのガジェットを読み込みに関する情報は周りの空間で表示することができます。 先進のエンジンの用途を明確に捉え、表面粗さを提供する、より高いレベルでの浸せきします。
  3. を過ごす休みの作品は遊び仮想バスケットです。 ARバスケットアプリを作成することができる画像のバスケットボールバスケットの場所が付いた特別QRコードです。 印刷は可能ですので、場面でも、壁には、少なくとも一杯のコーヒーです。

拡張現実感アプリ

ゲーム

あれば深刻な人とゲームをしていて生活がありますが、当社のar(拡張現実)アプリケーションのためのサービス活動です。 何千ものプログラムとユーティリティができる良いマーケployます。

  1. といアイデア、衣料品店のフィッティングルーム拡張現実感システムを導入するように、人ったくとらなかったものハンガーで試してのコンピュータか。
  2. の行はプロモーショナショナルジオグラフィックチャンネルpriobably人は世界の野生動物にいながられます。
  3. 力の3Dアプリを構築プロジェクトが、転送ら問題なくします。
  4. の場合、旅行、ブラウザ拡張現実感するすべての必要な情報の場所でやれば、道は開ける場合は失われます。

拡張現実感のためのAndroid

この場合の実践プログラマーの興味のある拡張現実感における、だれそうになっSwarpンポーネント。 開発したロシアのプログラマ製品の使用をar(拡張現実)アプリケーション"ホーム"。 でプログラミングは複雑な創造の過程で、掘り下げ閉店時と同じ出目で朝一有すいませんので、記述する一般的なインタフェースのソフトウェアです。

  1. Binディレクトリを含む全てのライブラリSwarp SDKなどのエンジン制御Mogreます。
  2. Docs-ここでは全てのドキュメンテーション、ライセンス契約およびFAQをユーザーです。
  3. 事例-(プロモーションコードした開発者のSwarp apiを提供します。
  4. Trackable-ここにいくつかの例があります終了マーカーに必要な場所の仮想オブジェクトを実現します。
  5. Utilites-3内蔵電を用いてのライセンスに関する全般的なお問い合わせアプリケーションですが、第三作マーカー型arの実現オブジェクトです。

このソフトウェアを作成する拡張現実感プログラムは、その利用、コードに必要な実装のバーチャルリアリティが生ます。

拡張現実感はしっかりと確立の日常生活の多くの人です。 ない場合はカウントコンピュータ技術、ガジェットは、人類が使用でを解決するための各種の問題です。

現代戦闘飛行機やヘリコプターとした拡張現実施フラットパネルを目指して、一般的に、できるだけ速やかに眺めることなく、復のダッシュボードです。

拡張現実のプログラム

印刷業界に拡張現実感にも使われていく大量です。 様々な雑誌、新聞、ガイドブックまたはマップに配置の特別コードを読み込む必要がある特殊なブラウザの設計として指定されている。 などのマークであるデジタルコンテンツの文章、映像、画像や音楽なります。

拡張現実感のAndroidプラットフォーム実施の形態でゲームやエンターテイ

医療でも使用されます。 例えば、定位の腫瘍内の他の臓器のスキャンし、その結果、モデルの影響を受けた臓器は、その保護をより健康な組織です。 拡張現実感して何千人もの生命が保存されます。 もうはまだ発展途上します。

未来にあたって

拡張現実感が浸透深めます。 の普及サイバー技術への統合領域で人間の活動は皆無であった.そこでまもなく普通のものです。 にもかかわらずar(拡張現実)アプリケーションは非常に人気のものが必要とする少なくとも一部行動を外部に移動します。 言いにくい"こととなったことである人間は、近い将来にこれらの技術です。 までのいずれかを完全に萎縮して、コンピュータ、または、ユーザー管理機能などの各種のイベントでは、技術の観光スポットでも十分に浸かって臨場感します。

コメント (0)

この記事にはコメントすることですが、最初の!

追加コメント

関連ニュース

"タ2"です。 システム要件です。 どのようにコンピュータ

ゲームのジャンルのMOBA(多人数のオンラインバトルアリーナ)として、広く人気のファンコンピュータゲームです。 んでいうユーザーが必要です。 初心者の方は年間を殺すとモンスターの完全な作業の繰り返し楽しめる熱い戦いを繰り広げの対戦します。 ボタンを押し、システムを拾い同盟国や友好国の相手し、その後直ちに開始する戦いになります。 最も人気のゲームがこのジャンルの日—"タ2"です。 システムの要求は非常に高い防止のために集まる人々で全世界のファンに...

Murlocパラディン:すべてのバージョンのデッキにこの傾向は、ゲームだんらん

Murlocパラディン:すべてのバージョンのデッキにこの傾向は、ゲームだんらん

デッキの"Murloc RPG"パラディンにだんらんのゲームが可能になりによる外観の新しいカードの連続でのこれらの素晴海の生物に出会うことができるの宇宙"Warcraft"です。 この戦略永制御のデッキを遅延させ、ゲームをステージです。 その文字を一つや二つのが破棄され、相手との健康を残さないことを偶然に防衛します。総合戦略の実行必ずしもMurlocパラディンデッキが可能になりますでしょうか?ゲームというのもあるんですが、その利点は、相手になってい意向です...

また生産ネットワークケーブルを手で

また生産ネットワークケーブルを手で

いと思うんどのネットワークケーブルです。 とのできるふたつの組み合わせでコンピュータに直接またはネットワークに接続します。 本稿したいのだが、どのようにネットワークケーブルを手でます。 は非常に簡単にできなくても、crimperます。 この適切なハンドツールは、皆がします。では、準備の鋸刃、ハンマープライヤが入っております。 そのときのネットワークケーブルを使用することで、とも呼ばれるツイストペアケーブルは、必要な長さです。 くださいコネクタのRJ-45....