弱く気管支炎:説明する要因のプレビュー

日:

2018-08-22 18:10:37

眺望:

198

格付け:

1のように 0嫌い

シェア:

の中の様々な形状の気管支炎、最も大きな危険性は弱くします。 この疾患が発生しました。 時間があれば始まらない処理が発生する可能性の重篤な合併症です。

機構の病態の開発

は弱く気管支炎—この病気の炎症性自然です。 を伴って粘液であり、呼吸をしました。弱く気管支炎

犯の危険な病気です。 多くの感染症は肺炎球菌は、Haemophilus influenzae、レンサ球菌します。 できる体内に入り飛沫やlimfaticaます。 が感染の内殻の気管支はMuco-弱く塗布します。 その結果、気道が壊れています。

弱体化後のインフルエンザやSARSなど、身体を提供することはできませんが十分耐性病原性植物です。 急速に細菌の繁殖を引き起の膨らみは、気管支、息切れ、分泌の厚いたんです。 受動喫煙、大気汚染、アレルギー反応のみを強化し、塩野義製薬と共同開発を行います。 同時に、気管支管な生産する細菌を利用します。

ではコースの病理過程は、通常、特別に2段階にあります:

  1. の主な損失の肺胞-気管支ます。
  2. 二の次になっている。 炎症過程に及ぶその他の臓器、呼吸器システムです。

の開発に弱く気管支炎は長い時間がかかります。 失敗した場合に認識することと、すぐに治療できる希望が良好な予後ます。 そうしないと、病理学的プロセスが慢性化します。

以上

尿路感染症:乳酸菌の糞中

尿路感染症:乳酸菌の糞中

の細菌enterococcus faecalis(乳酸菌faecal)従来起因菌のクラスD、そのため、現在はと呼ばれるfaecalレンサ球菌. この生物の代表であり、通常の腸内細菌の所属に属腸球菌. これらの細菌も煌の腸ヤギ、羊、馬、犬、豚. 人間の体の中のレイジ乳酸菌の糞中の生命、主に小腸における男と、尿道にはいかない。 微生物の排泄物の90%の人々に貢献する植民地化抵抗の粘膜.あこれらの細菌の非病原性)を使用し、生産の乳製品、特にチーズ. この腸球菌に貢献する酵乳、加水分解乳糖、苦しむ病原性...

"山のカルシウムD3"

薬局で、今回のホストを含む製品のカルシウム入り。 することができるの蓄積と骨量は、増加骨強度が30年後、ロンへの移動の向きが逆となります。 場合がカルシウムと、人間の体での骨量を可能な開発につなが150以上の疾病に対するそのため、お客様が所有する重要な補完するのをご利用いただくには、消費カルシウム入り。 ある研究に多くの人が慢性的に不足している者のビタミンDは、カルシウム、骨粗しょう症 知のコンテンツのこの要素にたいです。[rek1]なカルシウムが疲労損失の筋肉の強度、脆性爪の分割、不健康な髪を...

薬

薬"Protosun". レビューの医師の消費者です。

薬“Prechosen”を医師に記載してい合わせが、薬物治療に用いられますの亀裂の肛門、痔. この薬は抗炎症作用,antipruriticおよび鎮痛行動を減らす傾向にある出血を加速再生の粘膜。 また、薬“Prechosen”を専門家の急速な発展のその治療ます。 急速な効果が得られますの組み合わせにより医薬成分を増加の薬理作用です。 検討の基本的な物質、製品中に含まれる‘Prechosen”.式:I–非ステロイド性...

主な要因

の登場は弱く放電は通常の前には誤った処理は、急性の気管支炎です。 割り当て抗菌剤なクリーンの自宅から病原性微生物による感度の低い医薬品です。

また、医師グループを選択の要因は、生体に与える影響を引き起弱く炎症:

  • 急激な温度変化;
  • 弱めの免疫システム
  • 慢性疾患のparanasal分岐;
  • 頻繁に風邪をひきます。

愛煙家の医師がる気管支炎です。 時間の管理、病気の発生には弱く形にします。慢性は弱く気管支炎

品種の病態

は弱くの合併症の疾患医師-pulmonologistsに分かれて3タイプ:

  1. Catarrhalます。 病態うよりは痛みを伴う咳および豊富なexpectorationます。 の診断、分析の粘りの白血球-血管内皮相互反応します。
  2. 邪魔します。 の痰が常に閲覧は弱くは血筋です。
  3. 慢性です。 この沢の疾患を特徴とする期間の寛解と再発です。

が最大の危険性は弱く閉塞性気管支炎です。 での開発の背景の急性感染症に起因する疾患活動性病原微生物です。 ながら、患者は発熱、痛、関節や筋肉によって保たれています。 遅延または不足の治療に不可逆的な変化の肺システムは、致命的な結果となります。慢性気管支炎の症状

臨床画像

であり、疾病は常に次の冬ます。 その主な症状が似て急性呼吸器感染症共同の冷たい。 最初に喉の痛みが、喉の痛みや扁桃腺ます。 しばら年の間に強い乾きに行きました。 各攻撃の場合はこの限りではありま胸痛みます。 時には患者さんが難しい呼吸による大型蓄積粘液、気管支ます。 その後、カフがしっとり、粘液のexpectoration黄色います。

その他の症状の急性気管支炎、医師の区別:

  • 増発汗
  • 疲労;
  • 若干の気温上昇をsubfebrileレベル
  • 息切れます。

病の悪化に2~3回。 を再発で通常の結果低体温や長期にわたる。 この場合、臨床写真が顕著で、台のカフを増や量の粘液分泌量は急激に増加します。慢性気管支炎の症状

としての時間を認識すること慢性のものですか?

慢性は弱く気管支炎、咳が250mlの痰ります。 その色から淡い黄緑色になっていると思います。 の膿しなくても、更新することができ血筋です。

疾患の特徴は長期コースに必要な強化気管支閉塞します。 最も危険な合併症と急性呼吸不全です。 患者さんの息が長くなり緊張したがドライ笛音、この時にアラームです。 これらの症状を示す急速な悪化を健康にします。

診断方法

が強い咳や息切れを求めることに医師の診断を受けること。 この専門できる適切な診断とそれを規定するために適切な処理します。

標準試験の患者の疑いのある慢性気管支炎には以下のイベント:

  1. 分析痰ます。
  2. X-rayです。 を評価する機会を提供、被災の程度の気管支では、特定の病理病変です。
  3. 鏡です。 を可能と区別するのは弱くの疾患の二次による結核や肺炎なります。
  4. です。 評価に必要な全体の健康の患者です。

が必須医師に検討しておくべきである患者は、彼の研究の歴史と特性の臨床写真です。 直接注意に伴う弱く気管支炎の症状です。

疾病の治療をすることがありますが、複雑です。 することができますので除去の浸出液からの気管支ます。 この目的に付与剤鎮咳去たん剤の薬剤のmucolyticsます。 先進場合は、鏡です。 詳法の治療効果の検討は、以下のとおりです。img alt="Mucoは弱く慢性気管支炎"height="338"src="/images/2018-Mar/18/e9d77e7dc7139d7a7ffbb1c7ce95be72/5.jpg"width="507"/>

急性は弱く気管支炎が必要であるコインターネットブラウザを利用し、煙や制限の影響-呼吸器-システムです。 入院の患者で示される場合に限緊急時の病補完される厳しい中毒や心不全なります。

のMainメソッドでは、治療効果を認識して抗生物質です。 一般用医薬品は、下記のいずれかに該当する団体:

  1. Macrolides(“Sumamed”,“Azitroks”)です。 るライフラインへの影響は甚大の過程におけるタンパク質合成は、細胞が病原体が軽減でき、その能力をさらに課します。
  2. Aminopenicilline(“Amoxiclav"ます。 これらの医薬品に破壊的な影響を及ぼの細菌し、無害の人体ます。 しかし、その利用を伴うことがアレルギー反応します。
  3. Cephalosporins(“Ceftriaxone”,“Cefazolin”)です。 抗生物質からこのグループの商品と販売現の抑制に合成する物質の基本とな細胞膜の細菌します。
  4. Fluoroquinolones(“Ofloxacin”,“現在”)です。 て壊滅的な影響を与えDNAの細菌ることに貢献しております。 長期間の使用が多いが顕著な甲状腺腫がします。

抗生物質の投与は弱く気管支炎することをお勧めしますを選任後の喀痰分析を評価する感性の病原微生物です。 その他その応用に効果を発揮します。抗生物質の投与は弱く気管支炎

総合治療にあたって

に加え、抗生物質の処理病理工程では常に割り当てmucolytic剤です。 その高速化expectorationます。 を和らげる膨張の組織および除去のアレルギーを利用できantihistaminesます。

の複雑な処理も含む様々な理学療法、健康リゾートがあります。 に正の効果は、患者の状態にあります:

  • 吸‘Mukaltin”と“Hydrocortisone";
  • 電気泳動法とヨウ化カリウム;
  • の手続きを深ます。

後の改善、便利で楽しめるラウェルネスマッサージ、呼吸訓練します。

研鏡

鏡は内視鏡手続きに使用するための診断、治療目的です。 その医師がクリアの呼吸器の蓄積きました。 弱く気管支炎が定める2-4トとのできる期間を3日間から一週間以上の期間を要します。

コースについて完全鏡endobronchial区画整理します。 による特殊シリンジ、柔軟なカテーテル、医師に挿入します。 このとき“Furatsilin”,“セキュリティシステム»または«Rivanol”ます。 全体の作業を行うと下地麻酔します。急性は弱く気管支炎

に及ぼす可能性のある影響

急性は弱く気管支炎によると、フィードバックは、医師と患者は、権限のある迅速な治療です。 そうしないと、病気が変慢性形性肺炎を起こすことがある。

開発中の病理学的プロセスの壁には気管支形成膿ます。 スライム層が波をお楽しみいただけます。 進行の炎症がますます深化、組織の壁をします。 この疾患は、厳しい形にすることを特徴とする違反の気管支排水機能の萎縮粘ます。

Mucopurulent慢性気管支炎の危険なのでくは以下の疾患にあります:

  • Bronchiectasis、喘息様症候群;
  • Haemoptysis;
  • 肺気腫;
  • 拡散性肺線維症;
  • の故障時に右心室の心です。

ただし、遵守すべての提言、医師はこれらの影響を回避します。

患者にお客様の声にあたって

は弱くの気管支炎—とな共通の病気です。 に応じて対応し、患者の回避の開発場合は処理速やかに全てのcatarrhal疾患モニタの健康状態にします。

が、発生を予防するための疾病管理されていないため、必要なものは明確に医師の治療のススメします。 による患者では、標準複雑な治療は、抗生物質mucolytic剤です。 このため,気管支鏡検査します。


Article in other languages:

AR: https://tostpost.com/ar/health/4480-purulent-bronchitis-description-possible-causes-types-and-reviews.html

BE: https://tostpost.com/be/zdaro-e/7961-gnoyny-branh-t-ap-sanne-magchymyya-prychyny-v-dy-vodguk.html

DE: https://tostpost.com/de/gesundheit/7961-bronchitis-eitrige-beschreibung-m-gliche-ursachen-arten-und-bewertunge.html

En: https://tostpost.com/health/4778-purulent-bronchitis-description-possible-causes-types-and-reviews.html

ES: https://tostpost.com/es/la-salud/7966-la-bronquitis-purulenta-descripci-n-causas-tipos-y-de-los-clientes.html

HI: https://tostpost.com/hi/health/4483-purulent-bronchitis-description-possible-causes-types-and-reviews.html

KK: https://tostpost.com/kk/densauly/7964-r-d-bronhit-sipattamasy-payda-bolu-sebepter-t-rler-zh-ne-p-k-rler.html

PL: https://tostpost.com/pl/zdrowie/7965-ropne-zapalenie-oskrzeli-opis-przyczyny-rodzaje-i-opinie.html

PT: https://tostpost.com/pt/sa-de/7960-bronquite-purulento-descri-o-causas-poss-veis-e-tipos-de-coment-rios.html

TR: https://tostpost.com/tr/sa-l-k/7968-p-r-lan-bron-it-a-klama-olas-nedenleri-t-rleri-ve-yorumlar.html

UK: https://tostpost.com/uk/zdorov-ya/7965-gn-yniy-bronh-t-opis-mozhliv-prichini-vidi-ta-v-dguki.html

ZH: https://tostpost.com/zh/health/4839-purulent-bronchitis-description-possible-causes-types-and-reviews.html






Alin Trodden - 記事の著者、編集者
"こんにちはっAlin踏. 私はテキストを書いたり、本を読んだり、印象を探したりしています。 そして、私はそれについてあなたに伝えることで悪くないです。 私はいつも面白いプロジェクトに参加することができて幸せです."

コメント (0)

この記事にはコメントすることですが、最初の!

追加コメント

関連ニュース

肥満の子供の程度、原因、症状の治療と予防

肥満の子供の程度、原因、症状の治療と予防

今回の問題にも、子供の肥満が最も深刻化します。 でもここ数十年前からこの問題は存在しなかったが、今では多くの親添頭を求める処理のための自らの子供です。 の感染幼児の場合は、送り出足です。 もちろん、しかし、いつの脂肪キッズからの年齢が多く、重量が復旧しつつあります。 ここでいう親でいたのですがその瞬間を大頬番深刻な問題になりつつあります。 なぜ子どもたちの肥満とどう戦うのですか? これらの問いへの答えがすべての素材です。[rek1]主な要因多くの医師である...

診受付に限に発揮しながら

診受付に限に発揮しながら

を読み取るのは困難である女性も知らないのでニーズを定期的に訪れる場所に限に発揮しながらです。 ものの、残念ながら知識が必ずしも一致して行動します。 ではレセプションの限に発揮しながら検出することができます深刻な疾病の早期治療による命を救うことができます。 できますので、女性の医師におすすめする場合でも無などについて対応いたします。も多くの女性を目指すとは限に発揮しながら、特にがある場合には次のような問題がある。-感染や炎症の生殖器官;の混乱のホルモンです。...

"Antigrippin":レビでは、利用にあたっての注意事項は、アナログ

稿では、ユーザーマニュアルのレビュー“皮膚”ります。このコンボである医学目的のために吹出しの症状と治療のインフルエンザや風邪をひきます。 医薬品が解熱、抗炎症、抗アレルギー効果、鼻づまり、吹出し膨張粘膜の洞などnasopharynxます。 の薬は複数のバージョンは、異なる組成を提供します。としてvasoprotectorチン低減に毛細血管透過性、浮腫す。 Metamizoleナトリウムは解熱鎮痛消弱い抗炎症作用します。 コantih...

の症状や治療にVSD

の症状や治療にVSD

栄養-血管dystoniaは複雑な乱のきるようになりました。 むしろ、異“無意識”プロセス、などの心拍数、血圧、唾液分泌には、消化、呼吸とします。簡単に言うと、IRR yavlは効果的に結果の誤った機能の自律神経系ていることから、その症状は多様性に富んでいます。 診断neurocirculatory dystoniaは医この症候群)の多様性の兆候が現れます。[rek1]ESPがらの下落圧力は、疾患の方は体温調節(説明できな増減の体温...

精神遅滞児:症状の原因とな人権侵害

精神遅滞児:症状の原因とな人権侵害

下の精神遅滞症候群とは、受注残高精神発達としての全体または個々の特徴などに減速の実現はその可能性をよく表している。 後者は表現の知識不足の限界が、基本的な考え方は、一般的に未熟であるとの考えます。 主な困難を抱える子どもたちに、社会に適応です。nbsp;しかし、精神遅滞は複雑な疾によっては、その度に悩む精神的、身体的及び心理的な成分です。 この場合について話すことができそれに関連する国境の形で違反知的障害の子どものです。 その症状ができ厳しいものにな凹凸の...

原因や症の慢性胃炎

原因や症の慢性胃炎

慢性胃炎の共通の病態考えられる、いわゆる疾患の世紀です。 あなたの会社や病気についてさせています。 場合は数十年にわたほとんどが若い学生には、労働者の困難な仕事は、現在病気でも、未就学児ます。 なぜ同様の事態が発生しないように歯止めをかけよう流行をもっとも重要–う症の慢性胃炎が知られているのか? どのよう逃さないように警告を送る。 ここで答えが多くの共通の質問患者さんです。 でも覚えているのは、わずかな症状のないも2~3日以内、直ちに医師の診断...