分析のAFP通常、復号

日:

2018-07-02 15:50:39

眺望:

204

格付け:

1のように 0嫌い

シェア:

出産予定の赤ちゃんにご期待く親します。 この場合、この妊娠しなければならず多様々なテストを行っております。 その中には、分析には不凍蛋白質です。 その研究プロゲステロンのウズベキスタンのほとんどの人が知っては、α-fetoprotein、AFP、ほとんど知られていない。

AFP

近年の増加による実験室研究のための腫瘍マーカーです。 これらの物質が違うので自然にできるのはタンパク質又は誘導体は、特定の酵素、ホルモンです。 彼らは、廃棄物の腫瘍による身体への対応が癌細胞を攻撃します。 AFPも腫瘍マーカーで討議されないことを示しています。 全専門家は見つかり20種ます。

うAFPす。

すでに述べたように、上記の分析は不凍蛋白質のカテゴリーに属する研究のための腫瘍マーカーを示すかを精密に妊娠する。 指定した抗原は正常に発生胚の体の妊娠女性です。 その後生産が発生した肝ます。

通常合体を含む、革命児童は、身体の免疫システム知覚として外します。 その胚ではない、ある程度のα-fetoproteinの保護の胎児からの拒絶反応がよい。 最初の合成と抗原の発生する黄体の卵巣です。 の発症の第五週の妊婦の義務の生産には不凍蛋白質を想定しています。

AFPおよびhCG

しかし、その濃度が、母親の血液中の赤ちゃんの血液です。 最高のコンテンツのこのタンパク質としての分析は不凍蛋白質が観察され32-34ます。 生後、最初の年の彼の生活には不凍蛋白質が復旧しつつあります。

以上

尿路感染症:乳酸菌の糞中

尿路感染症:乳酸菌の糞中

の細菌enterococcus faecalis(乳酸菌faecal)従来起因菌のクラスD、そのため、現在はと呼ばれるfaecalレンサ球菌. この生物の代表であり、通常の腸内細菌の所属に属腸球菌. これらの細菌も煌の腸ヤギ、羊、馬、犬、豚. 人間の体の中のレイジ乳酸菌の糞中の生命、主に小腸における男と、尿道にはいかない。 微生物の排泄物の90%の人々に貢献する植民地化抵抗の粘膜.あこれらの細菌の非病原性)を使用し、生産の乳製品、特にチーズ. この腸球菌に貢献する酵乳、加水分解乳糖、苦しむ病原性...

"山のカルシウムD3"

薬局で、今回のホストを含む製品のカルシウム入り。 することができるの蓄積と骨量は、増加骨強度が30年後、ロンへの移動の向きが逆となります。 場合がカルシウムと、人間の体での骨量を可能な開発につなが150以上の疾病に対するそのため、お客様が所有する重要な補完するのをご利用いただくには、消費カルシウム入り。 ある研究に多くの人が慢性的に不足している者のビタミンDは、カルシウム、骨粗しょう症 知のコンテンツのこの要素にたいです。[rek1]なカルシウムが疲労損失の筋肉の強度、脆性爪の分割、不健康な髪を...

薬

薬"Protosun". レビューの医師の消費者です。

薬“Prechosen”を医師に記載してい合わせが、薬物治療に用いられますの亀裂の肛門、痔. この薬は抗炎症作用,antipruriticおよび鎮痛行動を減らす傾向にある出血を加速再生の粘膜。 また、薬“Prechosen”を専門家の急速な発展のその治療ます。 急速な効果が得られますの組み合わせにより医薬成分を増加の薬理作用です。 検討の基本的な物質、製品中に含まれる‘Prechosen”.式:I–非ステロイド性...

重要な役割をAFP妊娠中の

の役割のタンパク質が困難な過大評価すので、保証人の保全と胎児とを防止し自然流産します。 もしも十分ではない。 この状況を警告に専任限に発揮しながらです。 この場合、この胎児膀胱を展開します。 ということもあり、信号があることを問題に関する児童のゲノムレベルです。

のレベルは不凍蛋白質では分析のAFP行われる12週間後に妊娠する。 この時、レベルのα-fetoproteinに達する大きな制限します。 場合、正しく復号化が異なる数字であるがあまりにも偏ります。

しかし、正確な診断のベースの分析のためのα-fetoproteinが不可能なので、間違いが起こる。 高レベルを示している可能性があり異なる。

  • 複数の妊娠;
  • 胞の肝臓胚;
  • Anencephaly;
  • 臍帯ヘルニア;
  • 腎臓病なります。

内部の臓器の異常につながるものの増加にAFPます。

AFP妊娠成績証明書

低レベルα-fetoproteinの場合があります:

  • あの病態をdown;
  • が遅れ胚の開発;
  • の殺害を調整します。

この場合、低レベルは不凍蛋白質であり、流産します。 時にそのコンテンツが低いため、この分析には不凍蛋白質(通常の女性は、医師が最終的に虚偽妊娠します。

偏差から当たり前の妊娠

いず変異タンパク質のコンテンツから通常のスコアの重要な判断材料とな観測を妊娠します。 この場合、主治医の機会が定める追加の変化の影響を受けるのは確定となりまたは立証の特定の診断します。

必要があると、妊娠可能で中断前の20週間です。 少し前にこの期間は、超音波を行うコントロールとして測定します。 また、重要なチェックレベルのHCG(Human chorionicナドトロピン)です。 すべての研究を確認し、その子どもが生まれつきの状態、負担の責任の決定はその女性に会いに行きました。

かを示しAFP

必ずしも分析のAFP妊娠中、復号に必要なだけのママます。 場合により、腫瘍マーカーが重要な研究の診断の厳しい病気の成人患者さんです。 通常の図は10名以U/mlです。 の増加がこのレベルとは、人体の開発に着手しました悪性腫瘍で、ここに転移します。 詳細通常のAFP-特別は、下記ます。

AFPおよびhCGは妊娠に通常の

た場合には不凍蛋白質が低く、この異常なプロセスの開発、肝臓:

  • 肝硬変;
  • 慢性肝障害;
  • B型肝炎

また、状態に基づいて、肝臓で締結する約の有無が慢性アルコール依存します。

試験の準備

この医師は、所定のなどの研究について解析AFPおよびHCGは妊娠により、このトレーニングはほとんど必要ありません。 一般的にも経過して通常の血液から血管に注入する。 この5-8時間をお召し上がりにならない。 妊娠女性の期限以上としなければならない場合は14週間です。 しかし、期間は、16日と18日の週には最も適した血液サンプリングします。 の手続きが行われ、朝で10mlの生体材料です。

以降の手順を行い、空腹が複雑になり、後患者が必要で静かに座って、リラックス15分間とさせていただきます。 これは特に新たなママです。 この短期間で復元の力が弱く、リスクが意識は減少します。

何ができるかに影響の分析にあたって

に加え、正しい準備でもあるので注意が必要因が歪められる可能性分析のAFP妊娠中ます。 当たり前の場合これだけの簡単なルールです。 夕食には最適でから食べる食品の異なるスパイス、脂肪、スモーク、揚げ物です。

AFPは当たり前の女性

理学療法の治療などの超音波とマッサージなどの機器分析法などをx線、MRI、ctできるもの影響を分析します。 そのため、お勧めできませんいつの日付の研究には不凍蛋白質です。 としてアルコール飲料、その使用にも延期されることが確実になった。 以上までの解析が完了します。

またこの黒人の集中度が高いのは不凍蛋白質のモンゴロイド立国である、というくらい下げています。 現在も考慮に入れておく事が必要の存在は一部の内分泌疾患糖尿病やウイルス性疾患です。

現在のところ、他の公私の研究室で試験されるAFPおよびHCGは妊娠による。 ノルマにする知の正確さなどに関する経験を持つ専門職業人と研究の方法論、および、必要な機器です。 コスト分析の範囲から300 600rublesます。

必要な場合は、このようなうためのものではありませんの理解の結果を復号化するだけでよいます。 限り包括的なアプローチは、正しい情報を提供すること答えします。 その参考にすると結果が得られた場合は室内試験に合器です。 この場合、モニタリングデータの対策がなされるべきであるという同じ研究室の試薬です。

成績証明書分析および通常のAFP

の結果を準備が必要であれば、極端な場合を得ることができる時間です。 しばしばいを新たにするために、信頼性の高いデータは、第二学期の妊娠分析を実施すべきと組み合わせ、超音波関する研究胎盤ホルモンなどの診断技術です。AFP妊娠中の通常の

各研究室への行動分析のレベルは不凍蛋白質のみに使用方法や試薬です。 その測定単位を表示してすべての場合のIU/ml以IOMです。 例えば、解析にAFPおよびHCG妊娠中の規範(IOM)は、0.5-2です。 ただし、研究室の利用その他の規範(IU/ml)、タンパク質のレベルによっては、期間中に妊娠に変更しており(下表参照)します。

通常は不凍蛋白質によっては、時間の妊娠

この値IU/ml

5-11-I

以下の15

13-15-I

15-62

15-19-I

15-95

20-25-I

28-125

25日-27日-I

50-140

28-31-I

68-150

32-34-I

100-251

上記のように、男性の規範がない以上は10IU/mlです。 同じように非妊娠女性です。

の表示

実験のためには不凍蛋白質におすすめすべての妊娠中の女性については後12週の妊娠ます。 このような仕組みの有無著しい異常はありません。 やが存在しない場合、その過程で収します。 その存在下での診療、分析-研究します。

AFPおよびhCGは妊娠には当たり前IOM

この時、血液検査のAFPおよびHCGとつである異議なくします。 ここに適用されている場合には、児童の構想が出来上がった親が、子どもが生まれました、奇形に対する疾患、または送信した相続します。 ことが特に重要である場合、女性が妊娠初めての年齢35歳ます。

あなたを考慮することが必要となるのは以下の場合がございます。

  • このコースのようとしている妊婦さんに起こったことは、自然流産します。
  • 受ける妊娠前の母親の初期有害医療医薬品に影響を及ぼす胚します。
  • の存在は他の遺伝性疾患または変異を遺伝子レベルから親します。

また、必要な研究の場合には早期の妊娠を子供に渡された女性x線検査があります。

コメント (0)

この記事にはコメントすることですが、最初の!

追加コメント

関連ニュース

Levomicetinom下鼻指ィ

Levomicetinom下鼻指ィ

さらに活躍の生産者の医薬品、製薬企業は、今日で買うことができる様々な治療の多くの疾患です。 しかし、医師もいやり直し、処方眼点鼻薬を使用します。 で正当化されこの勧告ですか? るかどうか、そのような処理は効果的なのでしょうか。 今日、学ぶことができ、なぜ、どうやっlevomicetinom滴滴下しまったと言われています。つ製品説明および構成いつ、なぜ使levomicetinom鼻滴きます。 前る要件を満たすべきである薬ります。 ツールの形式で見ることができ...

医療クリニックTSNMTにAkademgorodok

医療クリニックTSNMTにAkademgorodok

クリニックTSNMTにAkademgorodok、多くの医療サービスとの相談を行っています。 適格な医師の援助だけでなく大人も若い患者です。 は外科手術、放射線診断などです。インストールのクリニックセンターの新しい医療技術創設された2002年としての地位を確立している現代医療センターがあります。 のクリニックは、住民が受けられる幅広いサービスの両方の診断と治療します。作業療法士の仕事と子どもから大人ます。 時TSNMTにAkademgorodok学校では妊...

内部のカプセルの脳(capsula interna):構造です。 脳の解剖学

内部のカプセルの脳(capsula interna):構造です。 脳の解剖学

内部のカプセルの大脳白物の形態で提示するものに限る。)曲線ストリップの間にある大脳基底核のベースに似ているものです。 で完了す"導体"-プロジェクション繊維を提供する間に脳やその他のスペースの中枢神経系です。の解剖学のcapsula interna配線(の間に位置し、尾状核に網状生成-原子核のcaudatus、扁桃体-核lenticularis)リヤエンジン間の視覚野は、視床、視床opticusの扁桃体-核lenticularisます。 また、genu c...