柱管狭窄症の食道:原因、症状、治療

日:

2018-07-02 17:00:29

眺望:

144

格付け:

1のように 0嫌い

シェア:

食道狭窄—の状態を伴う病的縮小の食道管します。 この異常が先天性やりながらワンランク上の大人ます。 の病気での重量の合併症です。 また、問題嚥下過食のお腹の潜在的影響を明らかにし、患者の全生物です。 ではなぜこんながこの病態予防することができ、その開発か? 何兆候であることに留意すべきでしょうか? あるのも効果的な治療す。

狭窄に対する食道:かんないです。

食道狭窄に対する

これは、oesophagusの中空チューブを繋ぐに喉をやっています。 の平均の長さは25cmです。 もちろん、チューブの直径が同じでない—食道には生理的狭小化する場合はその限りではありま領域の輪状軟骨の分岐の気管の開口部のダイアフラムです。

現代消化器病が発生病理と呼ばれる狭窄に対する食道ます。 何ですか? この病態は異常な縮小に食道管します。 ものであり密接な関係のこの部分の消化管およびその他の臓器に特に気管は、大動脈pericardium、左気管支、トランクの迷走神経は、胸部リンパ管、胸膜の破壊作用に関連する多くの合併症です。

主な原因疾患

狭窄病の食道

あるリスクとなる要因なのか? 柱管狭窄症は、食道が異なる場合が原因です。 さまざまな先天性の疾患で、その関連の障害が発生し、肥大の筋肉の食道の姿を繊維状または軟リングします。

以上

尿路感染症:乳酸菌の糞中

尿路感染症:乳酸菌の糞中

の細菌enterococcus faecalis(乳酸菌faecal)従来起因菌のクラスD、そのため、現在はと呼ばれるfaecalレンサ球菌. この生物の代表であり、通常の腸内細菌の所属に属腸球菌. これらの細菌も煌の腸ヤギ、羊、馬、犬、豚. 人間の体の中のレイジ乳酸菌の糞中の生命、主に小腸における男と、尿道にはいかない。 微生物の排泄物の90%の人々に貢献する植民地化抵抗の粘膜.あこれらの細菌の非病原性)を使用し、生産の乳製品、特にチーズ. この腸球菌に貢献する酵乳、加水分解乳糖、苦しむ病原性...

"山のカルシウムD3"

薬局で、今回のホストを含む製品のカルシウム入り。 することができるの蓄積と骨量は、増加骨強度が30年後、ロンへの移動の向きが逆となります。 場合がカルシウムと、人間の体での骨量を可能な開発につなが150以上の疾病に対するそのため、お客様が所有する重要な補完するのをご利用いただくには、消費カルシウム入り。 ある研究に多くの人が慢性的に不足している者のビタミンDは、カルシウム、骨粗しょう症 知のコンテンツのこの要素にたいです。[rek1]なカルシウムが疲労損失の筋肉の強度、脆性爪の分割、不健康な髪を...

薬

薬"Protosun". レビューの医師の消費者です。

薬“Prechosen”を医師に記載してい合わせが、薬物治療に用いられますの亀裂の肛門、痔. この薬は抗炎症作用,antipruriticおよび鎮痛行動を減らす傾向にある出血を加速再生の粘膜。 また、薬“Prechosen”を専門家の急速な発展のその治療ます。 急速な効果が得られますの組み合わせにより医薬成分を増加の薬理作用です。 検討の基本的な物質、製品中に含まれる‘Prechosen”.式:I–非ステロイド性...

については取得した診の理由から、どうしても多様化:

  • 例えば、粘膜ダメージを与えることがあるのでによると常に連絡を取り合っており、酸性の内容に溶けてなくなりました。 を起こす可能性が逆流性食道炎、消化性潰瘍、慢性胃炎、ヘルニアhiatalも厳しい高次脳機能障害は、同伴の場合頻繁に嘔吐す。
  • 骸の損傷です。 最も厳しい診の食道を観察できるやけどを化学的に積極的なメディアを目的として作成され、壁の外国人体ます。 傷が可能で、各種診断の手続きを含め、挿管のいたします。
  • の縮小やっても完全に閉鎖の内腔が表示された結果、癌、食道の外観の良性腫瘍です。
  • 食道狭窄症と関連付けられることがあり感染症などの真菌感染症、紅熱、梅毒し、結核、ジフテリアします。
  • 場の縮小管が関連する異常があるその他の臓器です。 例えば、食道などで圧縮でき異常な位置は、船舶または拡大リンパ節します。 のることができると考えるから腫瘍の縦隔および大動脈瘤ます。

形態の診とその特徴

食道狭窄に対す

多分類システムのこの疾患です。 例えば、狭窄部、食道が先天性または取得します。 ちなみに、90%の症例共に先天性の疾患です。

の数によって被災地から単離した柱管狭窄症(縮小腔内での食道になんでもかんでも規則まみ、複数の(ある巣の病理変化)します。 を考慮のローカライゼーションに収縮し、分断、病態の高狭窄に対する局部、頚部、中(縮小が得られていなかったが、これのレベルの分岐の気管は、大動脈弓部)、低のnidus置の心臓部と結合します。

あ後の見通し本吸収分割による原因の疾患です。 例えば、cicatricial狭窄に対する食道が特徴の損傷粘膜時の筋層のチューブです。 損傷組織が徐々に表示され結合組織—その傷跡が形成されている。 理由は通常、慢性胃食道逆流します。 もの縮小により形成に対する腫瘍は、両方の良悪性の鑑別を行います。 があり、外傷性の疾患です。 いずれの場合に確認するなどの特性の疾患でみを徹底的に診断します。

ステージの開発病気

現代医学では受け入れられるようになり区別する四つの柱管狭窄症の食道:

  • 第一段階では、病気などを希望する場合は、内腔部の狭窄前9-11。 よっすることが可能になり、内視鏡の中サイズです。
  • 第二段階と言う場合には、直径の内腔部には食道の狭窄に対する減6-8mmます。 しかし、それはまだ入ることができfibrobronchoscopyます。
  • 第三段階は、食道チューブのテーパとその直径を超えない3~5mmます。 この地域に医師のみに入るプレゼントキャンペーン開催中の超薄型ファイバースコープです。
  • テキストの病気の特徴は、厳しい縮小の内腔部には、直径1-2mmのです。 一部の患者が完全閉塞の食道が、非常に危険です。

狭窄に対する食道:症状

食道狭窄症状

は早ければ早いほどの障害診断のスピードが速くなり、患者を受けるに必要な処理です。 う兆候を伴う狭窄に対する食道? その症状に大きく依存する形で、開発段階の疾患です。

さまざまな先天異常の初“バンプ”,更のほとんどすぐです。 給餌後の赤ちゃんが吐ッNestorianismます。 また予告重放電の粘液からの鼻腔通路や大唾液分泌します。

この場合、子どもが緩やかな形で先天性狭窄の問題から始まる導入を最初に送ります。

取得した病態の開発は徐々にです。 通常、患者がマニフェスト嚥下困難です。 例えば、痛みを通過食による食道の外観の痛みを背景にbreastboneます。 の初期段階では、摂食嚥下を観測することの固形食品として縮小の食道管、人工が困難となり飲み込みでも液状食品です。 時には、病気になり厳しい患者はできませんので飲み込み水や唾液です。

ただし、狭窄部、頸部領域での液体を飲む、食物が入力でき、気管では、より厳しい咳laryngospasm、呼吸困難です。 最も重症な症例では、狭窄部位の開発に繋がるだけではなく誤嚥性肺炎を起こすことがある。

しばしばにや大食の始めに蓄積する地域の縮小、頻繁に吐き気や嘔吐、外観の厳しい痛みます。 への危険な影響を柱管狭窄症の原因ですが、自然破裂の壁の食道ます。

現代法の診断にあたって

の学位の狭窄に対する食道

後、会話、患者、医師が申し立ての存在感を狭窄ます。 もちろん、今後、より多くの研究が必要です。 まず必要なものをesophagoscopyを検出することができ縮小の食道およびその測定径は、検査の粘膜です。 の存在下腫瘍や胃潰瘍き行うことができる内視鏡下生検により悪性の細胞です。

も同様に重要な方法の診断は撮影コントラストを用物質通常の使用はバリウム塩)です。 この手順を探地の輪郭のは食道のための研究その運動です。

治療法には、現代の医療とは?

スキーマ治療にもよりますが、できるだけ等の疾患のステージの開発では、患者の状態や原因を狭窄ます。 第変わらなければならないのに食事を食べれらのsemiliquid、液体食品を通して渡すことができるため、積の縮小に食道ます。 いう厳しい摂食嚥下第位に入った場合にはできないものの、飲水、お食事は静脈内投与する。

cicatricial狭窄に対する食道

あの技術を狭窄ます。 により穏やかな場合にはバルーン拡張用プージーです。 ただし、狭窄部がない観光の拠点には最適な立地に同様の方法の延長は内視鏡的切開による構造です。 その場合があった場合、圧縮の食道(例えば、縮小すので、腫瘍の成長は、内腔の挿入が可能で特殊なステントを維持するのに必要な寸法の食道ます。

もに、上記の方法を与えないでください希望の狭窄が進行します。 医師と判断した場合は、より抜本的な解決除去の影響を受け、食道、その後の削減します。

インストールは可能で治癒の伝統的な方法を教えてください。

伝統医学—産業には、膨大な量の代替療法です。 があるのではなく使用等の疾患としての狭窄に対する食道? 処理の民間療法の場合を放置するわけにはいきません。 この医師または、正しい食事その他一切の指導です。 ホーム治療の場合は絶対的禁忌です。

あるの効果的な予防措置す。

残念ながら、真に効果的な予防策は存在しない。 について先天性形態は、母親で重要なの状態をモニターします。 の存在下でのリスク要因(移動妊娠中は、感染症等) この調査で行われることが多いのですが、初日の出生後、を調整することのできる、食の時間はセキュリティ対策を講じます。

大人にな患者にはおすすめの食事及び疾患、消化管、防止への移行により厳しいは慢性的な形にします。

の予後患者の狭窄に対する食道

食道狭窄治療の民間療法

以前の迅速な治療の狭窄に対する食道が多くの合併症です。 しかし、手術を可能に排除に違反する。 もちろん、患別治療法です。 しかし、予後は良好である。 A再発も可能になりますが、によると、統計のような場合、例外と記録された極めて珍します。

コメント (0)

この記事にはコメントすることですが、最初の!

追加コメント

関連ニュース

分析のAFP通常、復号

分析のAFP通常、復号

出産予定の赤ちゃんにご期待く親します。 この場合、この妊娠しなければならず多様々なテストを行っております。 その中には、分析には不凍蛋白質です。 その研究プロゲステロンのウズベキスタンのほとんどの人が知っては、α-fetoprotein、AFP、ほとんど知られていない。近年の増加による実験室研究のための腫瘍マーカーです。 これらの物質が違うので自然にできるのはタンパク質又は誘導体は、特定の酵素、ホルモンです。 彼らは、廃棄物の腫瘍による身体への対応が癌細胞...

Levomicetinom下鼻指ィ

Levomicetinom下鼻指ィ

さらに活躍の生産者の医薬品、製薬企業は、今日で買うことができる様々な治療の多くの疾患です。 しかし、医師もいやり直し、処方眼点鼻薬を使用します。 で正当化されこの勧告ですか? るかどうか、そのような処理は効果的なのでしょうか。 今日、学ぶことができ、なぜ、どうやっlevomicetinom滴滴下しまったと言われています。つ製品説明および構成いつ、なぜ使levomicetinom鼻滴きます。 前る要件を満たすべきである薬ります。 ツールの形式で見ることができ...

医療クリニックTSNMTにAkademgorodok

医療クリニックTSNMTにAkademgorodok

クリニックTSNMTにAkademgorodok、多くの医療サービスとの相談を行っています。 適格な医師の援助だけでなく大人も若い患者です。 は外科手術、放射線診断などです。インストールのクリニックセンターの新しい医療技術創設された2002年としての地位を確立している現代医療センターがあります。 のクリニックは、住民が受けられる幅広いサービスの両方の診断と治療します。作業療法士の仕事と子どもから大人ます。 時TSNMTにAkademgorodok学校では妊...