ご使用上の"Kanamycin"です。 表示は、説明の医薬品、レビュー

日:

2018-06-21 09:40:39

眺望:

129

格付け:

1のように 0嫌い

シェア:

この前のような悲惨な疾患として結核は髄膜炎、led死ですが、今の状況が変わりありの準備できるだけでなく、寿命を延ばすのは、患者が治っ愕した。 その一つの薬の粉“Kanamycin”ます。 今日の学びとは何か、どのように申し込むことができますし、また、患者さんや医師しかしよく考えてください。ご使用上のkanamycin

薬“Kanamycin”を強い抗生物質です。 この殺菌効果のグラム陽性及びグラム陰微生物です。 もっとも効果的な抗酸菌です。 また、影響を与え菌の結核菌に有効な微生物は、良好な耐薬として“浄”,&ldquoになります。rdquo;,“財”ります。

その薬物による影響を真菌、ウイルスです。

の形式で行ってください。 構成

乾燥粉末の形で購入できる薬“Kanamycin”ます。 錠剤や口腔液にこのツールは販売いたします。 の粉末を使用するので準備の溶液を注射します。

一つのパッケージに含まれkanamycin含硫酸0.5 1gです。 このパッケージも含む注射用水に2mlのアンプルです。

薬はロシアとウクライナます。

の表示

“Kanamycin”できるの治療に用いられる多くの疾患です。 主な疾患を使用することをお勧めしますこの薬は、

髄膜炎、腹膜炎の炎、敗血症では、endocarditisます。

感染-炎症性疾患、呼吸器システム(肺膿瘍、肺炎、empyemaます。

-合併症の浄化コラボレーションを操作します。

結核、肺のその他の臓器です。

感染焼いたりします。

疾病の治療この薬を迅速黒字化した要因は何ですか?kanamycin価格

保存ルール

保存の粉末乾燥や暗い場所から離れてます。 通常の保存温度の薬–20度ます。 この禁断の保存薬でのアクセス可能です。 で保護されないから子供ます。 そのために、親は追跡などの多種多様な観点からの薬です。

以上

尿路感染症:乳酸菌の糞中

尿路感染症:乳酸菌の糞中

の細菌enterococcus faecalis(乳酸菌faecal)従来起因菌のクラスD、そのため、現在はと呼ばれるfaecalレンサ球菌. この生物の代表であり、通常の腸内細菌の所属に属腸球菌. これらの細菌も煌の腸ヤギ、羊、馬、犬、豚. 人間の体の中のレイジ乳酸菌の糞中の生命、主に小腸における男と、尿道にはいかない。 微生物の排泄物の90%の人々に貢献する植民地化抵抗の粘膜.あこれらの細菌の非病原性)を使用し、生産の乳製品、特にチーズ. この腸球菌に貢献する酵乳、加水分解乳糖、苦しむ病原性...

"山のカルシウムD3"

薬局で、今回のホストを含む製品のカルシウム入り。 することができるの蓄積と骨量は、増加骨強度が30年後、ロンへの移動の向きが逆となります。 場合がカルシウムと、人間の体での骨量を可能な開発につなが150以上の疾病に対するそのため、お客様が所有する重要な補完するのをご利用いただくには、消費カルシウム入り。 ある研究に多くの人が慢性的に不足している者のビタミンDは、カルシウム、骨粗しょう症 知のコンテンツのこの要素にたいです。[rek1]なカルシウムが疲労損失の筋肉の強度、脆性爪の分割、不健康な髪を...

薬

薬"Protosun". レビューの医師の消費者です。

薬“Prechosen”を医師に記載してい合わせが、薬物治療に用いられますの亀裂の肛門、痔. この薬は抗炎症作用,antipruriticおよび鎮痛行動を減らす傾向にある出血を加速再生の粘膜。 また、薬“Prechosen”を専門家の急速な発展のその治療ます。 急速な効果が得られますの組み合わせにより医薬成分を増加の薬理作用です。 検討の基本的な物質、製品中に含まれる‘Prechosen”.式:I–非ステロイド性...

希薄化を粉末化してご利用ください。 保管したりしないでください製品で液体です。

の発生は3年を採用しております。

シリカ粉末

どの繁殖‘Kanamycin”–広いスペクトル抗菌薬のか? と混合すると注射用水に含まれる薬剤です。 また一部の医師に溶解していることとnovocaine、ナトリウム塩化物及びグルコースです。 点は、"どのような薬物が繁殖し、決定します。

を使わないツールであるリスクが高い第三者の効果はその後の治療薬“Kanamycin”ます。 副作用の薬が非常に深刻なものになります。

炎症の聴覚神経を不可逆的な聴力を失います。

-敗戦の前庭器官:めまい、問題調整の動きをします。

混乱します。

幻覚ます。

うつ病になります。

の抑制の呼吸麻痺により筋肉によって保たれています。

頭痛ます。

を意識しています。

-居眠りします。

痙攣ます。

-痛みの場所でした。 “Kanamycin”–抗生物質を引き起こす可能性が登場hematomas、シール材、打撲後の注射します。

-腎臓損傷急性管壊死症、腎不全の増クレアチニンの血清中です。

の問題の消化システム吐き気、嘔吐、甲状腺腫は、下痢等が主なものでした。

-血圧低下します。

-医師または薬剤師に相談します。

-ぶボディに、かゆみ、水洗します。過敏性

限界

を使用しない薬ではこれらの状況にあります:

が生じた場合には過敏症の薬とします。

-炎症の聴覚神経です。

について違反の肝臓および腎臓にのみ例外は結核病変)します。

-同時使用のその他の抗生物質です。

-腸管阻害作用します。

ご利用ください。 “Kanamycin”粉末製剤の薬物

を使用する前に薬を見極める必要がある感受性の原因物質です。 の薬剤による筋肉内、静脈内投与または点滴です。

量子

-最大1年0.1gいます。

-1から5年–から0.1-0.3gいます。

-以上5年–0.3~0.5g/dayます。

日最大量子どもの月を超えないようにして下さい15mg/kg周波数の管理–3回日します。

治療‘Kanamycin”–強い抗生物質は以下の7日前ます。

大人の量:

結核に投与し1.0gれます。 処理時間–1月(ショットは、6日間連日の七割します。

-法の治療非結核性疾患–0.5g8–12時間です。 日々の線量を超えることはできません1.5g、および最大単以1,0g間隔で12時間ます。

期間の療法で決定されます。

液“LMT”を入れの深い頬にします。治療の腹膜炎の炎

過量投与にあたって

を導入し、薬物の増加額人でできる結果をどのようにしないでくださり、聴覚消失、渇、吐き気、耳鳴り、呼吸不全です。 治療この場合の血液透析、予約制の特別anticholinesterase薬、カルシウム塩です。

の治療に腹膜炎の炎強い抗生物質にあたって

この疾患は、細菌自然の中、開発中の腹腔内です。 腹膜炎の炎炎症の漿液性膜のperitoneumます。 その主な理由の発生にこの疾患–浸透に感染します。 その他の要因によってこの病気になるかをお答えいたします。

-腹部外傷します。

病の腸、胆道です。

炎症の卵巣です。

-穿孔胃潰瘍ます。

死亡率はこの診断として、腹膜炎の炎が高く、したがって、この問題の治療に大きく関係します。 疾病の治療開始を除去する。 そのため、外科的介入の場合–必要があるからです。 同時に、薬物治療の主役は、薬“Kanamycin”ます。 で補正の侵害に進化を遂げてきた腹膜炎の炎ます。

なぜこの薬のか? その最大の原因であり腹膜炎の炎は微生物の構成の複数の生物です。 そのためお勧め定める広いスペクトルの抗生物質、粉“Kanamycin”ります。

この問題の厳しさの緩やかなこの治療法に与静脈内投与する。 ひどい場合には、処理の腹膜炎の炎治療“Kanamycin”を実行静脈内投与する。 また、この手法を用いればよいのですが、この場合性ショックです。疾患の治療

注意事項

-疾病の治療により“Kanamycin”対妊婦の禁止します。 このご利用の場合はこの薬剤は、その赤ちゃんが生まれる可能性がありました。 の利用の薬剤に係る妊娠女性が認められる場合が抗生物質の他のグループは非効率です。

-新生児用途では使用しないでください薬剤により、その未整備により腎機能します。 この薬を連続的に排泄されるから、その蓄積をさらに有害な影響です。 すべてのこれらの情報の利用にあたっての注意事項です。 “Kanamycin”–抗菌剤に適用できる赤ちゃんが1年以内のものだけが重要に表示することができます。 その他すべての場合には、薬剤の交換が必要によりその他有効にすることができます。

な管理とその他の抗生物質などの“Monomitsin”,“経腸栄養”,“”などの医薬品-利尿薬は"マンニトール”,“Furosemide”ります。

-注意すべき結びついて使用される高齢の患者さんです。

を使用してください症状-副作用を投薬することになります。

-中治療を確認しておくことも必要で腎機能を患者audiometry少なくとも1時間には週に疾患の治療に非結核の文字)を超えない1時間当たりの月間結核なります。

この場合は、患者の感染症-炎症性疾患の患しているが、そこでは彼が必要とって大量に流します。の解kanamycin

コスト

粉"Kanamycin”を価格により異なりの量のバイアルは、メーカーな処方です。 ロシア創薬コストの約13セントとなります。 ウクライナ医学“Kanamycin”を物価の安で購入することで薬学部薬学科の学生を示します。 これにより、コストの医薬品の再計算にrubles–約30rublesます。 ここで示されているデータを買った方が安くなり、粉末のロシアの原点です。

正の評価にあたって

この薬剤が混レビューです。 一人は好きでいます。 患者における施設で、ご注意ご利用につきましては、すべての必要性を理解してドキュメントとしての利用にあたっての注意事項です。 “Kanamycin”–抗生物質ることを示したものの治療に結核、腹膜炎の炎です。 人々がそれについて書いこの薬の治療にpleurisyは、厳しい気管支炎、肺炎です。 ることが普通の風邪この薬の使用も可能ですが、しかし場合のみ、疾病の患者の臓器です。 審査のレビの製品で作、二日目に注入後、人の感じもかなり良くなったと思います。 一週間後に行ったチェックアウトはゆとりの病院があります。

また、この注射は、特に胸が痛くなるばかりです。 この抗生物質です。

薬とかのリクとかその他もろもろはしるべきであることを忘れてはならない場合は自己medicateます。

マイナス評価にあたって

これは常に共通しているわけではない治療を受け正のフィードバックからの患者です。 ると考える者もいるこの粉末が毒での判断によりこのライナーとしての利用にあたっての注意事項は、“Kanamycin”多くの副作用します。 の国債を恐れます。 さまざまな聴力損失および聴力損失です。 その患者に注射薬“Kanamycin”を治療結核くなっていることがわかった。後の長期化処理、彼らは本当に素の問題が耳に入る。 の人々が正常に聞こえます。 またもうひとつの薬のがうつ病、頭痛、脱力します。 しばしば患者さんアレルギー反応に薬など、発疹、かゆみ皮膚のです。 ものの中に注入し、患者あたりの痛み、その注入サイトにおいて傷つけます。

射出kanamycin

医師

医師と抗生物質“Kanamycin»治療に有効での結核、腹膜炎の炎、髄膜炎、敗血症です。 この非常に深刻であるが、危険な病気で、ない薬も取付けることができます。 が原因の場合する手段“Kanamycin”を、この50%を保証します。 すべての医師、汎用性が高い薬物である、足の男の程度進んだ段階では、病気します。

この専門家を積極的に対応この粉末ですが、それが警告について人々が何を買わないと刺すような自分のことは中外製薬は、特にお持ちの方は抗生物質過敏に反応する。 として資産の売却なしで薬を購入します。. これだけの証言と相談の専門家です。 いずれの場合に利用粉末る必要があるのは医師の指示の下です。 この薬剤のみ使用する必要がある病院があります。 実際に記載された指示医薬品が多くの副作用します。 としないための一層悪化する状況を傷つけない自分でもっとも重要な施療法の下での制御です。

代替にあたって

構造のアナログに記載の製品は“Kanamycin硫酸”ます。 医薬品と同様の効果が医療用医薬品“Amikacin”ます。 最新の代用価格は高くなりますが、記述します。 ですから、1バイアルの粉“Amikacin"らかじめ与えておく必要がありま約40rublesます。 薬‘Kanamycin硫酸”を払いについては、約13セントします。

アイフィルム

この抗生物質である場合はこのような問題の臓器のビジョンとして結膜炎は、角膜炎、角膜潰瘍、blepharitisます。 フィルム抗菌“Kanamycin”をバイアル用の滅菌ピンセットです。 引きの指の手には下眼瞼、その穴間の眼と眼球ます。 そして、下まぶたを目は静止状態で1分。

これらのフィルム抗生物質を最大2倍ます。

利用のために医薬品へのアクセス動物

薬“Kanamycin”または治療用のサルモネラ症、腎炎、皮膚炎、肺炎牛で、参考に猫と犬と鳥です。 の薬剤を静脈から投与し、intramuscularlyまたは皮下に量:

馬–3ml/100kgを1時間です。

仔馬、牛–2ml/50kgを1時間です。

羊、豚–2ml/50kgます。

-猫,犬、鳥–0.1kgを1kgです。

コースに対する治療することができまからは3-5日です。

締結にあたって

からだの包括的な情報に関する薬“Kanamycin":リリース、利用規則は、副作用を制限します。 ここには重大な投薬するな扱いを受けなければならなけの病院があります。 薬剤の両方で正と負のフィードバックします。 ということの目的の医学を決めなければならなみによるものです。 自己処理します。

コメント (0)

この記事にはコメントすることですが、最初の!

追加コメント

関連ニュース

で飲むビールと抗生物質:互換性および効果

で飲むビールと抗生物質:互換性および効果

そらくファンのビールiccラウンジはイベントできるかどうかビールが飲める場合抗生物質です。 もちろん、論理的にできそうなんでしょうねこの組み合わせを放置するわけにはいきません。 にもかかわらず、ほとんどの人が飲酒とともに医薬品です。 の影響のような無責任な行動をしていないことを示しています。基本情報ビールは、お好みのドリンクの多くに住んでいる人は、たとえ自分の国の世界です。 しかし、少数の人々の実現に時間が経過するとこの製品が引き起こす可能性のある重大な危...

アクィナス(tofacitinib):価格で、カウンターパートです。 安い買いAquinosすか?

アクィナス(tofacitinib):価格で、カウンターパートです。 安い買いAquinosすか?

“アクィナス"(tofacitinib)–医薬品グループに所属する選択的免疫抑制剤とします。 このようなツールを人工免疫抑制します。 に不可欠な治療の病態の免疫システムです。 で対応するため、緩やかでは厳しい関節リウマチと適応処理のベースラインの抗炎症薬の薬“アクィナス”ります。利用にあたっての注意事項このツールを提供することにご注意以降となります。で安く購入の薬“アクィナス&rdquo...

浸食の角膜:症状の原因や治療

浸食の角膜:症状の原因や治療

人は少なくとも一生に一度の出会いなどの問題として海外のオブジェクトです。 ばい塵、砂または斑点は、多くの状況で終了まで好調に推移し増加しました。 単に洗眼し、不快感は消え去ります。 しかし、時には、外国人体被害を目の組織を開発浸食角膜のです。 この病気の場合はこの限りではありま浮腫とも網膜剥離します。 他に何がしかけることによって開始される浸食の角膜か? 治療にはどのようなものがあり用です。[rek1]少し解剖角膜の5層ます。 の保護機能外側の層(上皮細胞...