広日産アルマーダを出展する。 概要

日:

2018-06-25 08:30:20

眺望:

796

格付け:

1のように 0嫌い

シェア:

日産Armada(第名したパスファインダー Armada)の沿革フルサイズ(八七人乗り)のSUV発売。 デビューした2003年、秋には紅葉します。

2004年には、当社が日産自動車は正式には2005年からは、これらのSuvの名前だけでArmadaます。 会社の代表者の説明このように、モデルの構築そのものの市場のいずれかが生じた場合な影響下からウイングPathfingerます。

日産アルマーダの巨人ピックアップトラックです。 を残した印象的なサイズでは、鉄骨重量のほぼ2.5トンとなります。 が、その相似性を車になりました。 例えば、外観(特にフロント部分)は多くの内容借入からの日産タイタンです。 その迫力ディスチャージヘッドライト、膨ボンネットは、グリルブランドジャンパーバンパームには要素の車の信頼性です。 また、垂直位置を取り扱うSagnaドアの形状の屋根の中心部であるキャンバーです。

広々としたサロンのものを強く印象づけることができました。 快適に日産アルマーダッ七つの大人の中を構築します。 とlegroomには豊富です。 の第二列に便利です。

各座席には灯、換気、シートベルトです。 もあり、便利な側テーブルです。 という話での運転席が可能ですので注意するほぼすべての属性が借りてからの日産タイタンです。

運転席、助手席調整できる電動ドライバです。 また、シリーマルチレベルの加熱する。 また、日産アルマーダパワーステアリング、ナビゲーションディスプレイ(インチ)およびボタンが室温調節器があります。 メモリのBotovoコンピュータは、二つの位置の運転席や位置の外観です。

nissan armada2012としても注目すべきは、荷物室です。 量566リットル、折りたたみ時に後続す1606リットル時折後二列に2750L.の天井の間に、第2次け液晶モニターシステムDVDします。

SUVの日産アルマーダー数の多いグローブ区画には、カップホルダーミニsivchikovる気のサロンを確保するために高いレベルの快適さです。

エンジン提供における新八気筒すべてのアルミニウム耐久性の約5,600リットル容量の305馬力のパワーです。 この動力ユニット作業に伴五速電子を制御します。 エネルギー、リサイクルの日産アルマーダ搭載の独立した前後サスペンションによる横ダブルウィッシュボーンサスペンション、スタビライザーバー安定性、油圧ショックアブソーバーのコイルばねです。

セキュリティシステムを構成:ABS電気のブレーキ力配分の軸は、フロントエアバッグは、EBD、サイドカーテン取り付け、座席の全ての行をします。

は、状況に応じて選択できるタイプの運転を送信します。 日産Armada2012年利用できるタイトルと後輪駆動します。

コメント (0)

この記事にはコメントすることですが、最初の!

追加コメント

関連ニュース

実践的なスクーター

実践的なスクーター"Zid-Lifan"

“Zid-Lifan”–aラインナップのスクーターで生産される工場です。 Degtyarevaの下でライセンスの中国企業Lifanます。 スクーター用各種構成や変更します。歴史の協力にあたって工場です。 Degtyarevに位置し、市のKovrovのウラジミール地域は、世界的に有名な生産の様々な種類の武器です。 しかし、近年、工場管理のための多様化を生産します。 そのため、契約締結中国メーカーの自動車やモーター機器、Li...

自動車

自動車"日産フーガ"の技術的特徴を解説やレビュー

“日産フーガ"最初登場は目の前の車は、2003年で発表します。 この魅力的な機械巻き起こし、利益の多くの人です。 しかし、取り組んでおりますが、その具体的には、国内市場です。 しかし、真の好きの高品質車なくなってしまいました。 注目モデルの母国や自分の車です。 とにかくロシア人が自分のこの車です。 ものであるする特性です。[rek1]の特徴V型6気筒エンジンの量は3.5リットル、電力280HP–うモーターの下にフードのカー...

トヨタマークX:技術仕様、写真、レビュー

トヨタマークX:技術仕様、写真、レビュー

2012年には、日本の会社でトヨタ"発信した情報、画像の新しいセダンが知られていましたが、2009年のトヨタマークX今だけたのが最新版です。 もうしこの車も非常に人気なものと考えております。 積極的に購入、台湾、中国、極東ロシア連邦ます。 もし、どうすれば良いか指示に従ってこのモデルにより詳細に説明します。[rek1]ク史にあたってなどについて簡単に紹介し、いの一言について直接的にモデルの歴史です。 ちなみに、ロシア、サハリン、ハバロフスク、ウラ...